FC2ブログ

灰色のピーターパン/石田衣良

4163250301灰色のピーターパン―池袋ウエストゲートパーク〈6〉
石田 衣良
文藝春秋 2006-06

by G-Tools



石田さんは「うつくしい子ども」がイマイチだったので、それ以来まったく読む気にならなかった。こんなに多作で人気ある作家なのになんと2冊目。しかもシリーズものの最新刊。無謀と思ったけど、さて、読んでみれば…あらま、面白いのね。池袋ウェストゲートパークシリーズって。
例によってあさみさんの本を回していただいたのだけど※他の本が目当て※(あさみさん、ありがとうございます♪)この本は「前作を読んでないので」とお返ししようかと思った。でも、ためしにちょっとだけでもと読んでみれば、あれれ?面白いや~ん!!サクサクと読めるので、やっぱ全部読もうと。しかも結構好みの文体だったりして。満足満足。息子が第一巻を持ってるのを本棚にて発見。今度また読んでみようと言う気になりました。

それにしても、奥田さんのユーモア系と言い、石田さんと言い、食わず嫌いはいけないねぇ!

収録作品は
●灰色のピーターパン
●野獣とリユニオン
●駅前無認可ガーデン
●池袋フェニックス計画

各感想は↓にて。



●灰色のピーターパン

ケータイを使った違法ビジネスで儲ける小学5年生のミノル。あるときタチの悪い高等部の生徒に自分の仕事をネタに恐喝されるはめに…。

ミノルが頭が良くて唸ってしまう。我が子もこんなにデキたらわたしも楽な暮らしができるなぁと羨ま…これこれ!!なんだかんだと言って、マコトを慕うミノルが可愛かった。


●野獣とリユニオン

「リユニオン」ってナンだろうと思ったら「再結成」って言う意味だとのこと。リ、ユニオンね。
たった3000円のために膝を壊され、二度と夢の叶わない身体になった兄を持つチヒロ。暴漢は未成年だったので7ヶ月少年院に入院していただけで大手を振って歩いていると言う。その時の犯人に、兄と同じ目にあわせてほしいとマコトは頼まれるのだが…。

「目を見て話したい」という兄の心に打たれた。
きれいにまとまりすぎかも知れないけど、こう言うのは好き。
なるほど、リユニオンね。


●駅前無認可ガーデン

無認可保育園で働くテツオはちょっと知恵遅れの、だけど子どもが大好きな青年だったが、頻発する幼児への性的犯罪を懸念した保護者から、信用されない。マコトは、テツオが「性犯罪者の素質を持っていない」ことを立証してくれと頼まれる。


●池袋フェニックス計画

池袋の治安回復のために計画された「池袋フェニックス計画」。
暴力団や不法滞在の海外人を一斉摘発して町全体を「除菌」するという。
そんな時、姉がホストクラブにはまった挙句風俗で働いているのを救いたい、と言う音大生のイクミが現れた。

結構ハードボイルドで、迫力のある物語。長いのでちょっと途中ダレたかな?というよりも、もうちょっと長編にしてじっくり描いたほうが読みやすかったかも。駆け足の印象か??
スポンサーサイト



17:50 : [本・タイトル]は行トラックバック(1)  コメント(2)
こんばんは~。
このシリーズ面白いでしょ(*^▽^*)
でも、最初から読むことをやっぱりオススメします。
前シリーズで知り合った人・・・なんていう人も
登場するんです。
はやく次でないかな~。今から待ってます(^^;

2006/10/05(木) 18:22:11 | ゆこりん │ URL | [編集]

ゆこりんさん、こんにちはー♪
やはりシリーズものは最初から読んだほうがいいですよね
今度一巻から読んでみますね♪

2006/10/06(金) 14:50:11 | short │ URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

カバー・目次写真は新津保建秀。モデルはKOTAO。装幀は関口聖司。 オール讀物不定期掲載の4つの連作短編を収録。通称IWGPシリー...

2008/09/02(火) 02:46:07 | 粋な提案