フライトプラン

B000CS44YIフライトプラン
ブライアン・グレイザー ロベルト・シュヴェンケ ジョディ・フォスター
ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント 2006-05-24

by G-Tools



あれれ、評判が良くないので期待しないで見たけど、結構面白かったよ。
悪役は、やることがちょっとくどすぎると言うか、用意周到すぎる、大掛かり過ぎるかな。
でも、娘がいると言うことが、自分の妄想だと言われたら自分だったらどうするか。人の言うことを鵜呑みにして、本当に妄想だと思い込むんでしょうか。
ふだんから自分に自信がないと「そっかー妄想だったんだ…」と納得してしまいそう。ジョディーの迫真の演技には釣り込まれました。

でもひとこと言いたい。「アラブ人のひとには謝らないとね!!

それにしてもピーター・サーズガードって目つきが気持ち悪い…。

★★★☆

スポンサーサイト
16:33 : [映画タイトル]は行トラックバック(0)  コメント(2)
私もジョディ・フォスターの迫力ある演技に見とれてしまいました。「パニックルーム」同様、戦う母親、すごい!
私も同じく、何も知らない人から見たら周りから見たらただの人騒がせ人間しか見えない。ジョディより乗客に肩をもってしまったかな。なので、なおさら、私も「謝れよ~」と最後に言いたくなりました。

2006/09/07(木) 23:05:02 | ラム │ URL | [編集]

らむりん、いらっしゃい♪
設定などは面白かったけどね。ジョディーじゃなければつまらない映画だったかも知れんね。
ジョディーの迫真の演技あったればこそ、観客をひきつけられたと思う。
しかし、いきなり「あんたの娘はもう死んでるんだ」て言われて、信じられるものだろうか。
ショーン・ビーンは渋くてよかったけど、ジョディーを信じられなかったので(機長としては当然かも知れないけど)ちょっと評価が低いかも…。

2006/09/08(金) 21:55:45 | short │ URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL