フライ,ダディ,フライ

4048538705『フライ,ダディ,フライ』VISUAL BOOK ~スンシンの哲学~
加藤 義一
角川書店 2005-06-21

by G-Tools


わたしの心は今ジョニーのものですから、
ほかの御仁をそうそう手放しで称えるわけには行かないと言うか、
ジョニーに操を立てたいというか…(笑)

でもさ、この岡田君、やっぱカッコエエのだす!!

キムタクとか、亀梨とか、たっきーとか
なんか知らない新しい人たちとか
 ↑ 見ても分からないんだけど

同じ邪ニーズの中でもね

ぜんっ


ぜん!!
メじゃないよ。岡田君のカッコよさは!
ちょっと類稀なカッコよさ。
ほぅっ…。


原作には思い入れがある。金城さんのゾンビーズシリーズ。
同じ原作者の映画化作品としては「GO」しか見てないけど
「GO」の映画としての完成度に比べたらアアタ
なんじゃこれ
みたいな(笑)
ぱっと、ストーリーに引き込む求心力が弱い。
冒頭からのもたつきようはイライラする。
「GO」はその点、一気に鷲づかみだったもんで。

冒頭の仲良し家族ごっことか、特にね、首筋が痒い~くなる。
大嫌い。ああいう家族像を露出するのって。

それに、こう言うのって結局は「ロッキー」なんですよね。
でも、ちゃんとロッキーしてなかった。
途中で休んだり失速したらダメなの。
一気呵成に畳み掛ける瞬発力っちゅうかスピード感が大事。
ロッキーが好きな人は単純な人が多いですから、多分(笑)。


朴舜臣だって、セリフとか臭すぎ。

「誰かを殴れば殴るほど、こぶしの間から大事な何かがこぼれ落ちていく」
とか
「翼があればなぁ…どこへでも飛んでゆけるのに」
とか
「空のずっと上から見たら世界はきっと平和だよ」
とか。
うぎゃー!
臭すぎる!首筋が痒い~~~~い!
原作でもあんなことを言ってたんだっけ?
だとしても、原作はいいの(と、手前勝手なわたし、笑)。


それになんですの、あのゾンビーズたちは。
あまりにもヘンテコじゃないですか。
とくに山下!!
なんじゃそりゃ、デスよ。
ま、南方くん(松尾敏伸)はちょっと良かったけど
あの棒読みが苛ついたか。




しかし、しかし、しかしかしかし

岡田君のカッコよさがすべてを帳消しにしている!

朴舜臣って感じじゃないんだけどなぁ ほんとは。
どっちかって言うと相手の石原みたいな人のほうが
舜臣って感じがするのはわたしだけ?

しかし、しかしかし!!

何でもいい。岡田君なら。
岡田君の岡田君による岡田君のための映画として
わたしは絶賛したい。

あ、でも、心はジョニーのものですから。
念のため。

でも、ひそかに「花よりもなほ」も絶対レンタルするぞ
と心に誓うのでありました。
ついでに松尾敏伸くんの『ウォーターズ』も…

映画の評価は
★★★


B000ETQSL2花よりもなほ 愛蔵版 (初回限定生産)
是枝裕和 岡田准一 宮沢りえ
バンダイビジュアル 2006-11-24

by G-Tools


4063788032岡田准一 改メ 青木宗左衛門
鋤田 正義
講談社 2006-06-10

by G-Tools



発売予定日は2006/09/06です。ただいま予約受付中です。

B000G5S6KAウォーターズ 初回限定盤
岡田俊平 西村了 小栗旬
エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ 2006-09-06

by G-Tools


B000B74BK2フライ,ダディ,フライ
金城一紀 成島出 岡田准一
東映 2005-12-09

by G-Tools

スポンサーサイト
18:49 : [映画タイトル]は行トラックバック(2)  コメント(14)
ああ、わかります!
私もこの映画を観た時は岡田君にときめきました。
そしてメイキングビデオまで借りてしまったわかりやすい女です。
「ゲド戦記」の宣伝の声にもドキドキしてますよ。
初め、スンシンのイメージじゃないなあ、かっこよすぎるよって思ってたのですが、今ではスンシン=岡田君で脳内イメージが固定されました。
映画にはアギーが出てこないので、美形のアギー+スンシン=岡田君だと、勝手に解釈することにしました。
大丈夫です。この映画を観た人はみんな岡田君の虜になってますから。
他の岡田君の映画を観て、良かったらまた教えてくださいね。
ジョニデ強化週間が終わったら、検討します。(笑)

2006/09/02(土) 07:43:32 | ブラッド │ URL | [編集]

ブラッドさーん!!心の友よ~~!!!(爆)
いやいや、思考が同じですね。
わたしも、それまでは興味30%だったゲドのテレビCMの岡田君の声に激しく反応してしまってるんです。
もともと、岡田君はジャニの中では唯一(まあ光一も好きなほう)好きな顔だったので、舜臣をやると聞いたときは、タイプじゃないと思いながらも許す気持ちではいたんです。
(なんちゅー言い草)
しかし、やはり果たして、カッコよかった~…。
「東京タワー」では中年の黒木瞳と恋愛を?
いやーん、激しく嫉妬しそうです。
これは見ないと思うなぁ...(爆)
「花よりもなほ」は試写会があたりながらも体調不良で母親に譲ってしまったんだけど、とてつもなくおきな後悔に苛まれているわたしです。
ジョニーはジョニーとして、岡田君も…。
ま、それぐらいのキャパは所有してるので(爆)
ブラッドさん、一緒に歩んでいきましょう!!

2006/09/02(土) 10:17:23 | short │ URL | [編集]

堤真一が好きなのでちょいとレンタルしてみたこの映画。
いや、もう、なんていうか。。。
岡田君(ノ^▽^)ノ~~~~『愛』でしたわ、私も!!!
それまでたいして気にもしてなかったのよ、岡田君。
しかし、この映画見てもうどっぷり惹かれた。
あーーーん、どうして、私はこんな男前を見逃していたんだ!!!
と自分を恨んだぐらい岡田君素敵~~~~ぎゃあ~~~
って感じでした(爆
いいです!彼!!! 私も「花よりもなほ」は絶対観るわん。
それに、ストーリーも・・・
恥ずかしながら、σ(-_-)ワタシ泣いちゃったりなんかしたんですよ。
いやぁ、くっさい展開っだと思いつつ(〃∇〃) てれっ☆
精神状態どうかしてたんでしょうか?
あまりにも臭いセリフにはまり込んでしまった哀れな
私でございます(・m・ )クスッ
我にかえったらちょっと恥ずかしいので泣いたって
みんなに言わないでね。ここだけのヒ・ミ・ツ。

2006/09/02(土) 14:20:11 | メグ♪ │ URL | [編集]

わーん、ごめんなさい、メグさん♪!!
メグさんの大好きな映画をけちょんけちょんに言ってしまって…!!
泣いた?
…そ、そうですか。
そんなにも感動的な映画に対してわたしの言い草ってば…。
ほんとにゴメンなさい!!
ま、わたしもロッキー大好き人間で
ロッキーとかメジャーリーグとか、何度見ても泣いてしまうやつなので、メグさんのお気持ちは良く分かるのですよ。
ただ、この映画とは肌が合わなかったなぁって。
岡田君目当てに、2回見たんだけど、2回目はもう、セリフは飛ばしちゃいました。
でも、3回目は大丈夫かも知れないから、もう一度トライしてみることにします!!
堤真一か~~。
あんなお父さんとかあんなだーさまだったら自慢できますよね!!
…と、フォローしているつもりなのだけど、伝わりますか?(笑)
今回は多めに見てね♪
花よりもなほ、一緒に盛り上がろう♪
アメリカにジョニー、日本に岡田君よ♪

2006/09/02(土) 23:29:17 | short │ URL | [編集]

OK.OKヾ(@^▽^@)ノわはは
Shortさんのフォロー充分伝わったわ(爆

1回しか見ていないんだけどね、なんだろ?
すごく良かった!って感じでもないんだけど
何かその時、心にヒットするものがあったんだろうねぇ。
いや、冷静に考えたら、確かに
「ケツが痒い~~~」←下品(^▽^;) ってセリフだもの(・m・ )クスッ
もう1回観たらがっくり来るかもしれないので
私の中では封印した方がいいかもしれないね(笑

2006/09/03(日) 00:47:20 | メグ♪ │ URL | [編集]

 こんばんは♪
 これ、劇場に観にいきたかったんだよね~。で、レンタルもせずにずっとそのままにしておりましたが、今度「WOW WOW」でやりますね。我が家は契約してないんだけど、実家の父に頼んで録っといてもらうことにしてます。なので、もうすぐ観られます、楽しみ♪

2006/09/03(日) 21:39:45 | 翔ママ │ URL | [編集]

またまた・・お邪魔します。

昨晩「WOWOW」で観ました。
録画もしたのでこれからまたゆっくりとみることにします。

V6の「ホールドアップ」娘(小5)と観ましたよ・・・
レンタルしてまた見たいとおもうのですが・・・「WOWOW」まちかな?
岡田君あんまり活躍してなかったから・・

「ラストサマー」やっと読み終えました。(DVDのほうは・・・買いに行ったけど・・無いの)

shortさんは・・ほんとよく読み(本、色んなジャンル)よく観る(映画・DVD)んですね・・いつも感心してます。

今、「The MANZAI」2に突入しました。






2006/09/04(月) 08:49:17 | tochi │ URL | [編集]

>メグさん♪よかったー。フォローと真心が(ん??)伝わって!(笑)
ぜひとも2回3回見て、ケツが痒くなる(んん???)体験をしてもらいたいとも思うけど、思い出はこころの中に美しいままにとってくのが、わたしたち、少女マンガ好きの常套手段と思われ…(笑)
次よ、次!!
やっぱ「花よりもなほ」ですわよ。
そのときが来たらアアタ。行くわよー!!
(なんのこっちゃ)

2006/09/04(月) 17:26:35 | short │ URL | [編集]

>翔ママちゃん、いらっしゃい♪
見るべき。見るべきだよ~。
さて、翔ままの反応はいかに?(笑)
いいなぁ。WOWOW。いつもわたしもチェックだけはするの。見られんけども。時々、WOWOWの見られる環境の人に「今日、●●やるけど、オススメよ」ってメールしちゃう。
すんごい、おせっかいなメーワク人間です(笑)
お父さん、録画してくれたかな?
いいお父さんじゃね~~♪

2006/09/04(月) 17:31:27 | short │ URL | [編集]

>tochiさん♪いらっしゃいませ~♪
ラストサマー、ついに読まれてしまったんですか!寂しい気持ちは大丈夫ですか?
DVDで作者が4作目があるようなことを言ってたのですって。(わたしも聞いたのだけど、自信がなくて前回は書きませんでしたけど)
楽しみなような気もしますがガッカリしたくないし、でも、4人のその後は気になるし。フクザツですよね。でも出たら読みますよね♪
おお♪「ザ・マンザイ」も良いでしょう♪こう言うの大好きです。多分tochiさんも、「こう言うの」がお好きなのでは。またオススメなどありましたら教えてくださいね♪
さて、「ホールドアップ」そう言えばありますねぇ!!全然忘れていましたけど、映画館で予告見て面白そう!って思った記憶があります。
でも岡田君あんまり活躍しないのですか。それはちょっとガッカリするかも…。
常にイイ男にアンテナを張り巡らせる、イイ男が出てたらジャンルは問いませんとも(笑)

2006/09/04(月) 17:42:48 | short │ URL | [編集]

またまた・・お邪魔です。
先ほど書店に行ったら・・
「バッテリー」映画化されるんですね。

娘にせがまれ「バッテリー」買ったのはよいのですが・・・「ザ・マンザイ」がよほどおもしろかったらしく「バッテリー」は進みません。
(只今、漫画「ふくふくふにゃ~ん」にんまりの巻読んで悶絶してます。)

「あさのあつこ」さんは青い鳥文庫で数冊持ってます。(現、高3の息子は読破してますが・・私はまだ・・です。)

「トラベリング・パンツ」4作目・・楽しみ。4人がそれぞれ結婚して・・・って言う展開かしら?勝手に想像しちゃいますよ。

「ホールドアップ」岡田君はちょっと活躍の場面少なかったけれど・・いっぱい笑えて面白かったです。

2006/09/05(火) 19:13:15 | tochi │ URL | [編集]

tochiさん、おはようございます♪
やっぱ、トラベリングパンツの続きは素直に「楽しみ!!」で良いのですよね?わたしも楽しみにしています。特にレーナ!!
バッテリーはわたしもダメ~。主人公のあまりに傲慢で他人の気持ちを斟酌しようとしない態度(というか、他人の気持ちは自分にはまるで関係ないという気持ち)がイヤで。後半の物語の進み具合の遅さとか、中学生らしからぬ心理描写とかがすべて好きになれませんでした。世間的にはカナリ評判が良いですけどね。映画化…だれが巧を…。http://www.kadokawa-pictures.com/news/060224_battery/index.htmlキャスト募集中なんですね!!どんな映画になるのかな。
ホールドアップ、絶対に見ます!!(笑)
それと、ふくふくにゃーん、って知らなかったんですが、面白そうなんですね。たくさん出てますね。読んでみたいのですが、これがオススメと言う巻があれば教えてください。一巻から順番のほうが良いのかな?

2006/09/06(水) 09:28:37 | short │ URL | [編集]

shortさん!こんにちは!!

>特にレーナ!!
私も・・レーナが気がかりです。(実は・・・同じような体験しちゃってるから・・・)

「ふくふくふにゃ~ん」はどこからでも掛かって来い状態かな?(どれも笑えます)
改めて検索したらいっぱいあるんですね。
実は、猫好きの友達に頂いたんでよ。
「嫌な事あったら、コレ観て笑いとばしなよ!!」ってね。

2006/09/06(水) 16:13:00 | tochi │ URL | [編集]

tochiさん、さっそくのお返事ありがとうございました!!
ふくふく、どっからでも良いのですか。一番安くなってるのから行って見ようかな(笑)
レーナ気がかりですよね。3巻あのままでは終って欲しくなかったのでもしも続編が出たらレーナがコストスと幸せになって欲しいです。コストスと!!切ない体験ですよね…。

2006/09/06(水) 17:20:38 | short │ URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

金城一紀が原作・脚本を担当。堤真一が演じる中年サラリーマンの鈴木が、娘に大ケガをさせた男に復讐するため、岡田准一演じる高校生、スンシンからケンカを習うという物語。面白かったー。脚本も金城さんというだけあって、原作に忠実で、同じような雰囲気を醸し出してまし

2006/09/02(土) 07:30:35 | ほんの日記

元禄15年。青木宗左衛門は父の仇を討つべく、信州松本から江戸にやってきて3年が経っていた。広い江戸で父の仇を捜す宗左衛門、実は剣の腕がからきしダメなへっぴり侍だった!?そんな男が思いついた仇討ちとは?『誰も知らない』で世界に名を知らしめた是枝裕和監督が、岡

2006/09/08(金) 15:01:59 | DVDジャンル別リアルタイム価格情報