贄の夜会/香納 諒一

4163246800贄の夜会
香納 諒一
文藝春秋 2006-05

by G-Tools


非常に心惹かれるタイトル。
図書館に予約したのは良いけど、お友達からお借りした本がとってもとってもたまってしまい、飽和状態なので、図書館の本を読んでる場合じゃないんですよ。でも、せっかく順番が回ってきたんだから読みたい。でも、読んでる場合じゃない….この二つの気持ちのせめぎあいの中での読書。結果はあんまり芳しくなく。評判ほどは面白く感じませんでした。

冒頭猟奇殺人事件が起き、捜査に加わる孤独な刑事、そして妻を殺された孤独なスナイパーのふたりが、別方面から犯人に迫っていく。
その途中、スナイパーの手がけるヤクザの抗争がまた、警察にも絡んできて。三つ巴と言うか四巴と言うか、フクザツかつ巧妙にずべての事件が絡み、緊迫感のなかにも刑事スナイパーの背景描写がまた読ませる。ふたりの孤独感がひしひしと伝わり胸打たれもする。

ただ、犯人の設定が、世間を恐怖の渦に巻き込んだとある事件の犯人像をそのまま使ってて、ちょっと違和感があったかも。あと心理学者が登場して薀蓄を垂れたり分析したりするんだけど、そこの描写が長くて飽きたのとちょっと真実味が薄かったかな。でも、多分読み応えはあったと思う。途中でやめようかと思ったけど、最後まで読んでよかったなぁと思えた。

ただ、猟奇ミステリーとハードボイルドの融合と言う感じだったけどわたしはハードボイルドの部分は余分だったかも。
とにもかくにも気もそぞろに読んだのであんまり良い感想文も書けず(あ、関係ないか)申し訳ないです…。
スポンサーサイト
22:37 : [本・タイトル]な行トラックバック(0)  コメント(0)

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL