予告色々

昨日「パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト」見たときの予告編色々…。
特に面白そうなのが「スーパーマン・リターンズ」
やっぱ、ああいうのには惹かれてしまう。
ケビン・スペイシーは、ここでもラッセル・クロウと区別がつきにくく…。
最初ぱっと「ケビン・スペイシーだな!」と思ったんだけど「と、思わせといて実はラッセル・クロウなんだろ!」と深読みしたら…。スペイシーでした。あー、どうしもこの二人の区別が付かない…。
あとねー、ケビン・コスナーとアシュトン・カッチャーの「海猿」じゃなくて「守護神」。わたしはケビン・コストナーも好きだしアシュトン・カッチャーも要チェックのイケメンなので大いに気になりました!!

話は変わるけど今日は「ゲド戦記」公開ですね。
親の七光りじゃないのか?と思うのはわたしだけなのかな?
見たいし、気になる映画だけど…。
あれだけの技術とかノウハウとかスタッフ…なによりも知名度やバックボーンを、そっくりそのまま引きつぎゃ、ある程度いい映画は作れるのではないのでしょうか?
父宮崎監督は、テレビアニメで昔から苦労の末にたたき上げって感じで今の地位を築いてきたと思うんだけど、息子にもモチロンいろんな苦労なんかもあっただろうし、「ポッと出の新人」みたいに言ってはいけないとは思うけど、それでも、なんか「それでもいいの?」と思えてならないです。
ジブリのプロデューサーに認められてメガホンを持つことを許されたらしいから、ちゃんとそれなりの手順は踏んでるんだろうけど。

とか何とか言いながら結局は見に行くことになると思うけどね。

それよりも香川高松讃岐に住んでたわたしは「うどん」が見たいよ。
「日本沈没」も見たいし。
子どもたちは「花田少年史」が見たいといっています。
見たい物だらけでね~~~~
先立つものさえあればね…^^;
スポンサーサイト
22:50 : [映画タイトル]そのほかトラックバック(0)  コメント(4)
早々に、娘が「ゲド戦記」見てきました。手厳しい評判も、多々あるようですが、「よかったよ。」と言ってました。
監督は変わっても、「ジブリ作品」ですから、そう、はずれることはないでしょうね。

2006/07/31(月) 08:49:14 | くまま │ URL | [編集]

手厳しい評判、やっぱりあるんですか?絶賛の嵐と思っていました。
ゴロー監督も色々辛い部分はあるのかな。口さがないわたしのような人もたくさんいるんでしょうね~(笑)
実力はあっても日の目を見ない人たちがたくさんいるので、そんな中ではすっごいラッキーだと思うけど背負うものも大きいですよね。

2006/07/31(月) 18:07:28 | short │ URL | [編集]

なかなか手厳しい評判はあるようですが、なんだかんだいっても
やはり、興行収入はこの夏のアニメの中では1番
なんじゃないのかなぁ? 
原作がファンタジーの中では結構難しい世界観
だし、これもちょっとわかりにくい作品なのかな?
とは思うけどね。

ゴローさん、なんでゲド戦記?って(^▽^;)
こんな有名なファンタジー映画化するのってものすごく
敷居が高いと思うんだけれど… 何故に?
って、こういう感想は観てから言うべきですよね、すまんヽ(´▽`)/へへっ

でも、あの予告と挿入歌のテルーの唄聴いたら
観たくなります!
やっぱり、ジブリは好きだから♪

2006/08/02(水) 16:10:42 | メグ♪ │ URL | [編集]

うふふー。ちょっと辛口にしてしまいました。見てもないのに(爆)
でもね、実力があっても機会に恵まれない人から見ればやっぱり…ねー。
ま、テルーの歌はいいですよね。覚えちゃったよ。
ハウルの公開のときも、何でキムタク!!って頭に来ていたけど見に行ったら大好きになったわたしですから。
多分見に行ったりDVD見たりで、かんどーー!!ってなるとは思うのですが。
ま、今だけってことで。失礼許してくださいませ(爆)

2006/08/03(木) 16:51:11 | short │ URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL