FC2ブログ

セカンドサマー/トラベリング・パンツ

4652077297セカンドサマー―トラベリング・パンツ
アン ブラッシェアーズ Ann Brashares 大嶌 双恵
理論社 2003-06

by G-Tools


『トラベリング・パンツ』続編です。

映画と違い、すっきりと爽快なだけのエンディングを迎えなかった原作は、その一年後の夏の4人とジーンズの物語を描いていきます。
…ということで、ちょっと『トラベリング・パンツ』のネタばれが少々含まれることを先にお知らせしておきますね。

まず、ブリジッド。傷心のうちにこの一年を過ごした彼女は、かつての明るさを失い、サッカーも、走ることもやめて7kgも太ってしまう。自慢のブロンド(バナナ色の!)も泥のような色に染めて、一見かつてのブリジッドの面影はない。そんな彼女を心配そうに見守る3人。
しかし、ブリジッドが父親の書斎で見つけた手紙が、ブリジッドに行動を起こさせた。その手紙は、アラバマに住む母親の母親、つまりビーのおばあちゃんからの手紙で、5年も前に出されたものから順に、一年前の「いつでもいいから遊びに来て」という手紙まで4通あった。父親がそれを自分の判断でビーに見せなかったのだ。ビーはアラバマに行くことにした。
ティビー以外このメリーランド州のセベスタで夏を一緒に過ごすはずの少女たち。急遽予定変更となったセカンド・サマーの物語は、遠いアラバマで自分と向き合うビーを中心に。それぞれの出来事を織り交ぜながら。

ビーはアラバマで素性を隠して、おばあちゃんのグレタのところに潜り込む。最初はバイトとして。そこで母親の過去の写真を見たり、祖母の口から語られる母親の話を聞いたりしながら、だんだんと「回復」してゆくのだけど、その祖母とのやりとりが非常に心癒される。元気なビーが見たい。そんな読者に応えるように、だけど、無理なく自然にもとのビーに戻っていくのが生き生きと描かれている。

ティビーはヴァージニアのオープンカレッジの映画製作プログラムの合宿授業に参加する。クールなアレックスと言う男の子と知り合いになったティビーは、作りたい映画とは違う映画を作ってしまう。そのことで広がる波紋と葛藤を、仲間との友情とベイリーの思い出のちからで乗り越えてゆく。

カルメンは、前作で父親が再婚するけれど、今度は母親に彼氏ができる。自分の母親の恋愛に浮かれて若やぎ華やぐ様子を直視できないカルメン。自分にも言い寄ってくるBFがいるにもかかわらず、母親のことで頭がイッパイになるのだ。彼女にとって大きな味方は、義兄弟のポールだった。

そしてレーナ。わたしには、レーナのことが一番残念です。
レーナはコストスを愛する余り、遠距離恋愛のじれったさや確実なものを実感できないことが辛くて、コストスに別れを告げるのです。
自分で自分のしたことに気付いたときはもう遅く…。
この結末はあまりに辛くて後を引く。


それぞれがそれぞれの夏を、お互いを思いやりながら過ごしていて、やはり心温まる物語です。4人の少女たちが愛しくて可愛くて大好きです。読めば読むほど、惹かれていく物語。
スポンサーサイト



10:53 : [本・タイトル]た行トラックバック(0)  コメント(0)

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL