FC2ブログ

ママの狙撃銃/荻原浩

457523544Xママの狙撃銃
荻原 浩
双葉社 2006-03

by G-Tools


やっと順番が回ってきたんだけど…。残念ながらイマイチだった~。
辛口感想なのでご注意を。
ファンの方(わたしも大ファンなんですよ。ほんとに)どうか許してください!

タイトルどおり、一家の主婦が狙撃銃を持つ、と言う話なのだが映画の『ニキータ(隠し文字にするほどではありませんがね)』と、ラストは『ミリオンダラー・ベイビー』をちょろっと髣髴とさせた。
主人公は、幼い頃にアメリカで暮らしていて、そこでスナイパーの祖父に仕込まれて自らも『仕事』をした経験をもち、今は主婦として日本で普通に暮らしているのです。モチロン自分の過去は伏せてある。
ところがあるとき一本の電話がかかってきて、昔の『仕事』をまた『依頼』されるところから物語は始まるのですが…。
設定からしてどうにも「あり得ない」感じが拭えず…。それを「あり得る」ことにして読んだとしても、狙撃を主人公に教え込んだ主人公の祖父、家族を守るためと言いつつ結局はお金のために『仕事』を受けてしまう主人公、そして、『仕事』を主人公にさせる『K』なる人物……その誰に対しても反発を覚えこそすれ、共感は持てなかった。
特にラスト、『K』の素性がわかり主人公にさせたことと主人公がしたこと、どちらもなんとも不快に感じた。『K』がなぜ、わざわざあんなことをさせたのかが、ほんとうに謎。
どんな大義名分があったとしても、自分にゆかりも恨みもない相手を殺す『狙撃手』というものに、(恨みがあったら殺してよいのかと言う話は置いておいてください)心からの反発を覚えただけの一冊でした。
スポンサーサイト



14:23 : [本・タイトル]ま行トラックバック(1)  コメント(2)
ねーさま、(*^-^*)/こんばんは~♪
TBありがとうございました♪
私もさきほどTBさせていただきましたぞよ~
( ̄m ̄〃)うふ♪ねーやも結構辛口ね。
でも同感よ。
かなり内容にムリがありすぎだよね。
次回作に期待!というところでしょーか。

2006/06/27(火) 00:58:39 | らぱん │ URL | [編集]

らぴ~♪こちらにもコメントありがとうね!
うーん、大好きなおぎりんだけど、
こればかりは辛口になってしまったわ。
次回に期待はわたしも同感で「押入れのちよ」はすっごく良かったのでオススメ!
こないだ雑誌で読んだ短編も良かったから次の短編集も期待してるよ~♪
まだまだ応援するぞ~♪

2006/06/27(火) 11:14:44 | short │ URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

ママの狙撃銃posted with 簡単リンクくん at 2006. 5.27荻原 浩著双葉社 (2006.3)通常2-3日以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る 住宅ローンに終われ生活費のやりくりに頭を悩ませる ごくありふれた主婦・曜子。 しかし彼女には思いも寄らない暗い過

2006/06/27(火) 00:54:16 | Amazing Grace BOOK REVIEW