FC2ブログ

【本】2020年1月の読書

1月の読書メーター
読んだ本の数:2
読んだページ数:548
ナイス数:44

平成大家族 (集英社文庫)平成大家族 (集英社文庫)感想
とても面白かった!一家の長であっても家族の誰一人として自分の思うとおりにならない龍太郎の惚けた苦悩から始まり、大家族のそれぞれに悩みや困難を抱える姿を、それぞれの立場からあっけらかんと明るくユーモラスに描かれていてとても興味深く楽しく読めた。言い回しも絶妙!一番好きなのは引きこもりの克郎のエピソードで、ほっこりしたり感動したり。やはり思い思われる、そんな相手がいてくれることが人生の大きな幸せのひとつではあるなぁ。小さいおうちは読んだけど断然こっちが好き。ほかの本も読みたい!
読了日:01月26日 著者:中島 京子
ラストナイト (角川文庫)ラストナイト (角川文庫)感想
年をまたいで読了した。
よくできた設定だと思うけど、若干パンチに欠けたかなー。
読了日:01月10日 著者:薬丸 岳

読書メーター



はぁ
1月はたった2冊しか読めなかったデス

とはいえ、今の私からしたら順調な滑り出しといえなくもありません(^-^;
月に2冊の読書をとりあえずはめざしていこうと思います!

薬丸さんは好きなんですけど、この作品はちょっとピンとこなかったなぁ…
顔中に入れ墨をした男の過去の犯罪に関する真実が明らかになっていって
まぁ面白くはあったんですが
ちょっと作りすぎかなと(^-^;
私は感じてしまいました


「平成大家族」はすっごく面白かったです!!
それぞれの視点から家族のあり方を問うて行く感じが面白かった。
たとえば引きこもりの長男の話が私は一番好きだったんだけど
ほかの家族から見たのと、本人とでは、ぜんぜん「事実」が違うんですよね。
すべてのものごとは多面的だし、人間もそうですよね。
そう言うのがユーモラスに楽しく、だけど真剣に描かれていてジーンとしたり笑ったり
とっても楽しかったです。
中島京子さんって初読みだと思っていたんだけど
「小さいおうち」読んだことを思い出しました。
でも私は断然こっちの「平成大家族」のほうが好きだなぁ。
こういう作品ならもっと読みたいです!!

いまは、太田愛さんの「天上の葦」を読んでいます。
これは上下二巻組なので、今月はこれ一冊になるかな?
まだ40%そこそこの部分までしか読んでないので(^^;

しかし、kindleで読んでいると、タイトルや作者を忘れてしまいますね(^^;
紙の本みたいに表紙を毎回見ないので。

え?
そんなの私だけですか??(^-^;
スポンサーサイト



13:27 : [本・タイトル]月別読書記録トラックバック(0)  コメント(2)
中島さん、出版されれば読む作家さんの一人です。そうか『小さなおうち』より『平成大家族』が良かったですか。では次は『花桃実桃』あたりは如何かな?
ちなみに私は『小さなおうち』派。そういえば、松たか子+黒木華の映画を録画したままだな。そろそろ見なきゃ。

2020/02/19(水) 15:51:54 | todo23 │ URL | [編集]

にーさま、コメントありがとうございます

にーさまのHPの感想拝見してきました。
『花桃実桃』なんて読むのかな
はなもも みもも でいいのでしょうか

欲しいものリストに入れましたよ
頑張って読みますね!
おススメありがとうございます(^◇^)

2020/02/24(月) 16:50:39 | short │ URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL