FC2ブログ

【ド】乱反射

乱反射




貫井さんの原作が大好きな作品。
たいへん見応えのある面白いドラマになっていた。
正味一時間半という尺の中に、きっちり原作のコンセプトや持ち味が生かされていてとても満足できた。
例によって原作をきちんと覚えてないんだけど(^^;
ドラマを見ていたら、思い出しました!!
出演した役者さんたちの演技も確かなもので、とくに妻夫木聡くんはその、変わっていく表情が見もの。
原作を読み直したくなる。

自覚があってもなくても、悪意があってもなくても、良かれと思ったことですら、もたらす影響と結果はかならずしもいい事ばかりではなく、自分にも誰にも計り知れない。
人間は自分ではどうにもならない因果関係の中で生きているのだということが思い知らされる。(というのが私の原作の感想の一部。ドラマからも充分メッセージを受けたので引用した)

ラストは優しい光とチクリとする闇が同時に描かれて、人には必ず両面があると言っているようで巧いのである。

貫井徳郎さんはもともと好きな作家さんでよく読ませていただいています。
先日も、フジテレビ→WOWOWでドラマになった『犯罪症候群』も、面白かったデス。
元ネタの症候群シリーズは私が貫井さんを好きになったきっかけとなる小説でした。
『愚行禄』『空白の叫び』『灰色の虹』など傑作を書かれています。



このドラマ、メ~テレ開局55周年記念に制作されたドラマらしく、メ~テレって言うのは名古屋中心のテレビ朝日放送の地方局です。録画するつもりでいたのに忘れてしまって(^^; ツイッターで呟いたら親切なフォロワーさんがダビングして送ってくださいました。感謝感謝です。

評判が良かったのでしょう。
再放送が決定したようです。
10月19日(金)深夜1時34分~再放送決定!

みなさま、お見逃しなく!!

番組ホームページはこちら

スポンサーサイト



00:46 : [そのほか]テレビやドラマトラックバック(0)  コメント(2)
しょ~とさんこんばんは。
秋も深まってまいりました。お元気にお過ごしでしょうか?(私は元気ですよ!)

乱反射の情報ありがとうございました。早速予約録画し見たところです。言われなければ知りませんでした、感謝いたします(*^^*)。
重くて、心が痛くて、でも良かった。どこにでも起こりうる小さな横着、自己中とか、自己事情で命が犠牲に(人災)ですかぁ。そこまで行かないにしても自分は大丈夫か?と省りみたり。
母親(みつえ)は意外と早く立ち直ったように見えた。。私なら当分抜け殻。。
最後に妻夫木さんがゴミを捨てるシーンがありましたよね。え、捨てるんですか?リアルでした。

私が言うのも変ですが、生きてるって、あの時ああしていたら、こうしていたらの連続。思うようにならないことばかりで(それは努力不足だったりもするのだけれど)、もがいているのが常ですよね。私はそう・・。

最近はあまりにも行きすぎなマニュアル重視で、正義が薄れてきていると感じませんかぁ。自己保身も大事ですが(天災においては)。
マニュアルといえば、村田沙耶香さんのコンビニ人間は読まれました?
とても読みやすかった。普段、普通っていってるふつうとは何だろう、面白い主人公でした。
新刊も読みたいですが、図書館に出るのを待とうかと。

2018/10/30(火) 19:57:01 | りんごじゃむ │ URL | [編集]

りんごじゃむさん、こんばんは!
さきほどコメントいただいているのに気付いて、お返事しています。
大変遅くなってごめんなさい!
お変わりありませんか?
お元気そうで何よりです!
私も元気です!
ほんとに、秋になってしまいました!
季節が流れるのは早いですね(^^;

『乱反射』私のこの記事がお役に立ったとは嬉しい限りです~
見終えられた感想も好感触でますますありがたいです(*^-^*)

井上真央ちゃんの演じた母親ですよね。
うんうん、ちょっと子どもを亡くしたにしては淡々としていましたね。
自分ならと考えてみると、たしかにちょっと違和感がありますね。
でも、これからあの人には深く暗い悲しみが押し寄せるのかもしれません。
コンビニに家庭ごみを捨てるシーンも、象徴的でした。
何気なくしていることがまわりまわって自分に帰ってくるかも。
人はみんな被害者であり加害者でもあると著者は言いたかったのかなと思いましたよ。

おっしゃるとおりで、人生は選択の場面だらけです。
自分が選んだ道が本通りかと思いきや実は脇道だったとか。
普通の道なら戻れるけれども、人生はそうはいかず。
だからあの時こうしていれば…って苦しむことが多くなってしまうのかも。
でもこないだもお話した、「君の膵臓」では、その選択の結果が「いまの私」なんですよね。


マニュアル重視の件も私もそう思います!
折しも、グラビアモデル出身のK田Y子さんの「児童館入館拒否騒動」が報道されてましたよね。
あの一件も外野が詳細を知らずに言っていいなら、
やっぱりマニュアルに沿いすぎて人を見てないというか
そして、児童館側を支持する人の多さに「不寛容の時代だ」と思いましたよ。


あ、コンビニ人間、読んでません~~
面白いですか?
いっつも、アマゾンサイトへ行くと、一番にお勧めしてくるのがこの本です。
今読んでいる本が終わったら読みますね~~
文庫化してるから選択肢の中には入っていました(笑)
また読んだ暁には語り合いたいですね(*^-^*)

季節の変わり目につき、ご自愛くださいね。
ありがとうございました!

2018/11/06(火) 18:18:38 | short │ URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL