FC2ブログ

【懐】風と雲と虹と

20180916073215cf1.jpg



先日NHKのあの日あのときあの番組というドキュメンタリーで加藤剛さんの追悼番組として『風と雲と虹と』を放送していました。
ゲストは加藤剛さんが演じた平将門の妻、良子役をされた真野響子さんでした。
真野さんが語る加藤剛さんの、知的で博識で謙虚で穏やかなところがまんまイメージ通りで、印象的でした。
なによりもご自分のことを何も語らないと。
何かを読んだり体験していてすでに知っていても、それは口に出さず、黙々と与えられた演技をすると言われました。
私なんかちっちゃい体験や知ってることを、言いたくて言いたくて仕方ない人間なので、頭が下がりましたわ。。。(^◇^;)
真野さんとも深い親交があったこともあり、真野さんの加藤剛さんへの尊敬もよくわかりました。
真野響子さんも今でもお綺麗だけど、当時の真野さんはまた美しかった。。
お肌もつるつるのすべすべです。

加藤剛さんはこの年の大河ドラマの主演が決定していて、ぜひとも平将門を演じたいということで、ドラマが決定したとか。
先に主演が決定ていたんですね。
ドラマのタイトルじゃなくって。

平将門は私はこのドラマで初めて存在を知ったんですが、その後もその名は聞くのですが、そのときは「怨霊」だとか「鬼」だとか言われていまして、イメージが違うので驚きました。
その後、権力に反乱を起こして敗れたら歴史上はそんな風に残ってしまうと知りましたが。

ドラマの内容はここでは書かなくてもいいと思いますが・・
番組で裏話みたいなのを聞いたのでメモ代わりに。

・将門と良子は略奪婚
・結婚当日に馬で良子を将門がさらうシーンは吹き替えなし!
当初は吹き替えの予定だったが、加藤剛さんは馬の名手でこの時の馬(ブラッキー)と一心同体で乗りこなしていて、その剛さんに後ろから支えられていて真野さんはぜんぜん怖くなかった。
・加藤剛さんは将門のことを、どんな時代でも変わらない、人によって時によって所によって態度を変えることがない、基本姿勢が一貫していた。それが人間の値打ちだ。だから彼は信頼できる永遠の友人、とおっしゃいます。
・共演の草刈正雄さんは当時大人気モデル上がりの俳優さんで、真野響子さんとは同年だとか。「沖田総司」と言う映画で共演していて、何か月か弟で身近な存在なのであまりかっこいいとか思わなかったとか(^^;
・出演者はほとんど俳優座や民藝など新劇出身の役者たちで、時代を感じるとのこと。

そんなお話のあとでドラマの最終回を流していました。


この『風と雲と虹と』は、私が初めて自分の意志で見た大河ドラマでしたよ。
それまでも親はいつも見ていたので『樅の木は残った』だの『新・平家物語』だの『勝海舟』だの、なんとなく目に入っていて、ぼんやりとシーンや役者さんたちを思い出します。
(ちなみに勝海舟の役者交代はよく覚えてます。渡哲也さんが好きだったのでショックでした)
でもこの『風と雲と虹と』は、私が中学にあがり二年になる正月に始まったのですが、正直いまストーリーを見ても、ほとんど覚えていません(^◇^;)
原作文も画面に写りましたが、パッと見ただけで硬派で格調高く厳めしい文章に見えました。
私にはいまさら原作を読むのは無理だと思います(^^;
でもこの原作本が中一当時同級生の間で回ってまして。
私のところにも順番が来て貸してもらったんですが、当然読めませんわね。
うちでは父親が読んでましたね(笑)
しかも当時風邪で寝込んでて、続きが読みたいので借りてくれ、と言われて同級生のところに借りに行ったのを覚えてますよ。

ま、そんな自分のことはどうでもいい話で、でも語りたくなるのが、この加藤剛さんと顕著に違うあたりですね(^^;


私が大河ドラマを見ていたのは考えて見れば短い間でした。
このあとずっと見ていましたが、最後に見たのは『独眼竜正宗』で、それからは見ていません。
大河ドラマをずっと見ていた父親も、いつの間にかやめてしまいました。
フィクション性が高くなり面白くなくなったんだとか

架空の人物が主人公でも『獅子の時代』などめちゃくちゃ面白かったけどねぇ。
そこでも加藤剛さんが出ておられました。
私が見た中では『獅子の時代』がマイベストの大河ドラマですね。
再放送も見たいから土曜日は猛ダッシュで帰りました(自転車通学)
オープニングも斬新でインパクトありました。


こちらが『風と雲と虹と』オープニング


そして私のベスト2は『黄金の日々』


ベスト3は…なんだろ?『峠の群像』かなぁ。

ま、そんなに内容を覚えてないんだけどね!
また性懲りもなく、自分のことをこれでもかって書いてしまったわ。
お目汚し、失礼しました(^^;
スポンサーサイト
10:43 : [そのほか]テレビやドラマトラックバック(0)  コメント(0)

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL