FC2ブログ

【映】4月の鑑賞記録

4月の鑑賞メーター
観たビデオの数:11本
観た鑑賞時間:1177分

ハードコア [Blu-ray]ハードコア [Blu-ray]
見た後食胃が重たくなって食欲がなくなったけど、画面酔いしたのかな(^-^; 展開の先が気になってともかくノンストップで見たから面白かったんだろうけど、印象に残るけれど、まぁ個人的にはそこまで。たしかに映像はすごくて一見の価値はあると思った。ゲーマーの娘が途中チラ見して「まるでゲームみたい」と言ってた。
鑑賞日:04月29日 監督:イリヤ・ナイシュラー
サイコパス 地下戦慄 [DVD]サイコパス 地下戦慄 [DVD]
怖くてよかったけど、なんで??だれ??結局なんだったん?腑に落ちなくてそこがもったいない
鑑賞日:04月25日 監督:マット・ウィン
スパイダーマン:ホームカミング ブルーレイ & DVDセット [Blu-ray]スパイダーマン:ホームカミング ブルーレイ & DVDセット [Blu-ray]
アンドリューガーフィールドのはどうなったん?と思いながら見る。なんかアイアンマンの生徒みたいな位置づけでイマイチ緊迫感がない。今回のスパイダーマンはトビーが演じたときのように生き難さも感じられずただ明るく共感しがたい。スパイダーマンとしての活躍にもなんら心躍らず。もう見ないよ。
鑑賞日:04月25日 監督:ジョン・ワッツ
午後8時の訪問者 [DVD]午後8時の訪問者 [DVD]
ミステリーと思って見ていたのでちょっと違う感じがして…私的に、好みのサスペンスではなかったけれども、ひとりの医者の気持ちを描いてあるヒューマンドラマとしては見ごたえがあった。
鑑賞日:04月21日 監督:ジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ
バーニング・オーシャン [Blu-ray]バーニング・オーシャン [Blu-ray]
ものすごい大迫力!掘削施設もとてもリアル。本物を使ったのかと思うぐらい。(いや実際には見たこともないけど)吹きあがる泥水、爆発、炎、どれもがリアルで迫力があって圧倒された。これは実際に起きた事故を題材にしているが、作業員同士が極限の中で身勝手にならず仲間を思う様子はよかった。ザ・マークウォールバーグって感じの作品。カートラッセルもいかにも。
鑑賞日:04月21日 監督:ピーター・バーグ
22年目の告白-私が殺人犯です- ブルーレイ&DVDセット(2枚組) [Blu-ray]22年目の告白-私が殺人犯です- ブルーレイ&DVDセット(2枚組) [Blu-ray]
韓国版は鑑賞済み。チョン・ジョエンが好きなので韓国版のほうが好きだけど、内容はあんまりきちんとは覚えていなかった(^^; いろいろと設定を変えてなじみやすくなっている。個人的にはそこそこってところ。
鑑賞日:04月21日 監督:入江悠
奴が嘲笑う [DVD]奴が嘲笑う [DVD]
悪役のキャストがわかりやす過ぎて先が読めてしまう。ラストもどんでん返しというよりも想定内すぎる。検察のキム・ゴウンがカッコよかったのにあんまり活躍しなかったのが残念でならない。弁護士と一緒に事件を暴くとかならもっとワクワクしたと思う。それか弁護士がチームである事務長とももうちょっと絡んでいたらよかった。いかんせん独り舞台という感じがして、キャストがもったいない感じがした。
鑑賞日:04月16日 監督:ホ・ジョンホ
グリーンルーム [DVD]グリーンルーム [DVD]
グリーンルームとは、楽屋という意味らしい。主人公たちはドサ回りバンド。ガソリンを盗みながらの珍道中の末ステージを求めてやってきたのはネオナチの巣窟。。で、突然に死体が!!そしてバンドを脅かすのはただのネオナチではなく…!!バンドのメンバーを殺そうとするならいくらでも機会はあるように思えたけど、そこはヤツらも考えがあっての行動だった。でもそれがどうもわかりづらい。でも、冷や冷やハラハラ面白かった。痛い場面が苦手の人はダメな映画。誰が生き残るのか結構意外な展開でした。ネオナチに詳しいともっと面白いかも。
鑑賞日:04月14日 監督:ジェレミー・ソルニエ
静寂の森の凍えた姉妹 [DVD]静寂の森の凍えた姉妹 [DVD]
始まりはとてもいい感じで興味を引かれ、そのまま誰が犯人なのか気になって見ていたけれども、最後はスッキリしなかった。それを描きたかったのかもしれないけども。むしろ、映画のラストからが面白いのかもしれない。あの刑事はどうするんだろう?というテーマで。
鑑賞日:04月12日 監督:アントン・シグルズソン
ロスト・メモリー [DVD]ロスト・メモリー [DVD]
ロストアイズ→ロストボディ→ロストフロア…と、だんだんと下降気味だったので期待してなかったけどよかった!満足。こちらはドイツの映画でちょっと毛色が違うので並べてはだめなのかもしれないけど。いったい何があったんだろうという興味、記憶の断片など伏線がうまく張られてて、もしや?と思いながら見ていたら、やっぱり!!と思う部分と、え~~!!と思う部分とあり、これはけっこう忘れがたい作品。メモリーをロストするなよ!!したほうとされたほうのギャップ。思い知るのは義務だろうね。
鑑賞日:04月12日 監督:アレックス・シュミット
未来を花束にして [DVD]未来を花束にして [DVD]
女性の参政権を獲得するために立ち上がった人々の話。自分の立場に従順だったが、どんどん運動にのめり込んでいく一般女性の目を通して、当時の女性の立場や環境を詳らかにしつつ、彼女たちの熱い思いを描いている。女性差別に関して欧州なんかは先進的な気がしていたけど知るほどに虐げられてきた歴史や現状があるので驚く。ハンストへの「対処」は拷問シーンフェチ(?)の私にもかなりきつかった。拷問じゃないはずなんだけど。
鑑賞日:04月01日 監督:サラ・ガヴロン

鑑賞メーター


正直、この月はイマイチ面白いものがなくて
ちょっとがっかりの連続だったかなぁ…

「未来を花束にして」「ロストメモリー」が健闘。
スポンサーサイト
17:32 : [本・タイトル]月別読書記録トラックバック(0)  コメント(0)

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL