【映】沈黙ーサイレンスー

沈黙-サイレンス- [Blu-ray]
沈黙-サイレンス- [Blu-ray]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 2017-08-02
売り上げランキング : 2776


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



先ごろようやくWOWOWで初回放送があって、けっこう待たされた感じがしました。
話題性があったので見たかったんだけど、長いので(159分!!)劇場で見るのがためらわれて、結局WOWOW待ちしていた。
上映期間も短かったし。。
やはり、テレビで見ながら、何度も睡魔に襲われて(^^;そのたび巻き戻し、また寝てしまいを繰り返す羽目に。
劇場で見てたら寝てしまってきっと気づいたら大事なところが終わってたとかそんなことだったでしょう(^^;
寝たり起きたりしながらも(^^;全部見てみれば、長さを感じなかった…というのは嘘で(^-^;
長かったなぁ…
この映画はずいぶん前から話が出ていて、キャストも、ダニエル・デイ=ルイス、ベニチオ・デル・トロ、ガエル・ガルシア・ベルナルなんかの名前が挙がってたと、Wikipediaに書いてありますが、キャストとしてはそちらのほうが楽しめたかもなぁ(^^;
拷問シーンが残酷とか見るのに覚悟がいるなんて声もありますが、ぜんぜん平気な私。
なんならもっときつくても…。
原作は3回以上は読んだのだけど、こうしてみると、あんまり思いだせない。
遠藤周作はキリスト3部作とかいう、この「沈黙」のほかにも「死海のほとり」「侍」があって、どれも読みごたえがありました。
内容はあんまり思いだせないけれども(^^;



それは置いておいて

実は「あなたの人生の一冊は?」という質問に
「沈黙」
と、答えたことがあって、

よくまぁそんなこと言えたもんだなと。当時の自分が恥ずかしいです。

感動はあるんだけども、ほんとうに作品の意味がわかってるのか
わかってないと思うのねぇ(^^;

本当の宗教心=棄教せず死んでいくこと
ではないよね。

あまりにも過酷な当時のキリシタンたちの人生、なんのための信仰なのか。
私なら間違いなくさっさと棄教する。キチジローのように。
作品は、見ている側に「おまえもキチジローだ」と教えてくれている。
信仰ってしょうじき、心の中のものだから、役人の前では踏もうがつば吐こうが、肖像画などは「偶像」だから、自分の信仰心は揺らがないと思うこともできる。
詳しいことはよくわからないけど、日本人は偶像崇拝の人種なので、踏み絵などにものすごく抵抗があったのでは。

学校ではあんまり習わなかったけど、江戸幕府が始まったころ当時のキリスト教は日本のおなごをさらって売り飛ばしたりしていたとか?
それもあって幕府はキリスト禁教に踏み切ったと。知らなかったことです。もっと詳しく知りたいわ。


「沈黙」は、

おまえはキチジローなのだ。
命が助かるためなら、キリストにつばをも吐く、卑しい存在のおまえなのだ
それでも神は見捨てはしない
何もしてやれないけれども、お前に寄り添っているんだよ
だから大丈夫
自分の姿から目をそらすことなく、生きてゆけばいいんだよ

と、言っているのじゃないかな?
勝手な解釈。

海外では禁教令にどうした反応をしたのかな。
やっぱり殉教もあったのかな。




スポンサーサイト
23:08 : [映画タイトル]た行トラックバック(0)  コメント(0)

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL