【映】12月の鑑賞メーター

12月の鑑賞メーター
観たビデオの数:10本
観た鑑賞時間:977分

BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント ブルーレイ(デジタルコピー付き) [Blu-ray]BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント ブルーレイ(デジタルコピー付き) [Blu-ray]
期待しないではいられない映画だ。けれども、それにしては平凡だと、いわずにはいられない。過去に見た、ドキドキワクワクさせてくれた映画とはどこがどう違うんだろう?私がトシ取ったせいなのか?
鑑賞日:12月31日 監督:スティーブン・スピルバーグ
湯を沸かすほどの熱い愛 通常版 [DVD]湯を沸かすほどの熱い愛 通常版 [DVD]
死を目前にして娘のいじめ問題に自分の力で対処してほしい、強くなってほしいという気持ちや、実の親と再会させたやりたいという気持ちはわからんでもないけど、怒涛の展開は娘には過酷すぎるように思いました。特に虐めに対してあのまま学校に行かせるのが果たして良いことなのか?そして娘のあの行動はどうしたものか。私なら自分の娘にあんなことしてほしくないと思う。そうせざるを得ない気持ちはわかる気がするけどあまりにも娘に自分の思いを押し付けすぎていると思う。それに娘がちゃんと答えているからこの映画は感動できるんだろうけど。。
鑑賞日:12月27日 監督:中野量太
パッセンジャー [Blu-ray]パッセンジャー [Blu-ray]
よくある宇宙で取り残され系かと思ったけど、意外性があって面白かった!オーロラの激怒はわかるけど、もしも立場が逆なら彼女も、あるいは誰でも同じことをしたかも。憎き相手でも結局宇宙空間では必要な存在になるんだろう。でもオーロラは美人ゆえに憂き目にあうわけだけど、ジムがイケメンでよかったね。なんてね(^^; こんなラストシーンは想像してなくて感動した。あの宇宙船も迫力があったし映像も美しかった。
鑑賞日:12月26日 監督:モルテン・ティルドゥム
アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男 [DVD]アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男 [DVD]
地味な映画だけどおもしろかった。アイヒマンって名前ぐらいしか知らなくて最近NHKのドキュメンタリーのミルグラム実験のやつでちょっと習いました。ナチって恥ずかしながらヒトラーしかよく知らなかったんだな(^^; 戦後のドイツも混乱していたんだなぁと当然のことがわかったり、このバウアーという検事の執念を垣間見て勉強になりました。若い同僚の決意には本当に胸を打たれました。戦後のドラマはこの手の話題がよく盛り込まれているなぁ。
鑑賞日:12月14日 監督:ラース・クラウメ
サバイバルファミリー DVDサバイバルファミリー DVD
面白かったー!うちの娘や夫も好き嫌いしたりわがままだったりで、おんなじだなぁと思った。彼らが難局に直面して変わっていくさまを見て、感慨深かった。のど元過ぎれば。。。かも知れないけど、一度こういう思いをしないと、今ある幸せに気付かないのかもしれない。などということを考えさせられる映画。こんなにもゆるゆるとしたパニック映画ってあっただろうか?矢口監督の作品はウォーターボーイズとスウィングガールズしか見たことがないけど、鳴かそうとする感動の惜し売りがないのが心地よい。ほかの作品も見なくっちゃ!
鑑賞日:12月14日 監督:矢口史靖
ダーティ・グランパ [DVD]ダーティ・グランパ [DVD]
冒頭に15禁とあったが、まさしく下ネタのオンパレード。デニーロが演じる爺さんはエロいことしか言わない。それどころかドラッグも満載でちょっと(かなり)げんなり。ストーリーはありがちだけど、それなりにハートフルだしラストにはかなりほっこりさせられたけど、個人的にはデニーロになんでこんな役を引き受けたのか疑問に思う。
鑑賞日:12月11日 監督:ダン・メイザー
ウォーターボーイズ スタンダード・エディション [DVD]ウォーターボーイズ スタンダード・エディション [DVD]
WOWOWで放映したので久しぶりに見たが、やっぱりとても面白くて最後の演技は感動して涙が出るくらい。近ごろこんな風に面白くて泣ける映画あるかな?もう15年以上前なんやね。いい映画は色褪せない。あといつも思うけど銀蝿一家の杉本哲太の今を、あのころ想像できなかったなぁと。
鑑賞日:12月11日 監督:矢口史靖
手紙は憶えている [Blu-ray]手紙は憶えている [Blu-ray]
認知症の老人をクリストファー・プラマーが熱演、リアルすぎた!起きる度に意識が混乱している様子など、かなり切ない。彼がとある「さがしもの」をするロードムービー??だけど、探している真実にいたるまでなかなかの緊迫感。WOWOWの解説の人たちが最初に語るコメントでオチを逆読みできてしまったが、たぶんコメント無くても読めたとは思う。設定としてはとても面白かったが、、、無理がある気もする。多くは言うまい。みてください!
鑑賞日:12月09日 監督:アトム・エゴヤン
SING/シング ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]SING/シング ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]
うーん、評判がとても良かったので期待したけど、そこまでのことはなかった。群像劇風になっていたけど、これといって感情移入できるキャラがなかったからかな。ラストのステージはさすがに見応えがあったけど、そこに至るまでは普通で可もなく不可もなくって感じでした。字幕で見たけど、こういうの本当は吹き替え版で見たい派。ちゃんとした声優使ってたら吹き替え版で見たのに。
鑑賞日:12月08日 監督:ガース・ジェニングス
『ジャスティス・リーグ』映画前売券(一般券)(ムビチケEメール送付タイプ)『ジャスティス・リーグ』映画前売券(一般券)(ムビチケEメール送付タイプ)
ただただエズラミラーのために劇場鑑賞。しかし、これだけ見てもわからないのだろうか?最初から心が折れて眠りの世界へ…汗 バットマンがだいたいベンアフレックって知らんかったし(^^; いつの間に?執事のマイケルケインは?ハイテク担当のモーガンフリーマンは?←というレベルですので、この作品はキャストになじみがなさ過ぎて、そしてほかのヒーローたちは初見だったし、見るには無理があったか、個人的にダメでした。
鑑賞日:12月06日 監督:

鑑賞メーター
スポンサーサイト
02:02 : [映画タイトル]月別鑑賞記録トラックバック(0)  コメント(0)

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL