【映】すばらしき映画音楽たち

映画をより盛り上げる重要な要素が映画音楽。その価値や長い歴史を、実際に映画音楽を手掛ける音楽家たちや一流フィルムメーカーたちにインタビューしたドキュメンタリー。
無声映画の時代、映画館でミュージシャンが奏でる映画音楽は、映写機のノイズを軽減する程度の役割だったとか。しかし1933年製作の「キング・コング」のころから、映画をより盛り上げる効果があると認められ、「007」シリーズのジョン・バリーや「猿の惑星」のジェリー・ゴールドスミスは映画音楽の歴史に偉大な足跡を残し、2010年代には従来、映画と無関係だったミュージシャンたちも映画音楽に参画するようになった。

WOWOW番組紹介文より




作品のオフィシャルサイトがこちら

このホームページを見れば大体の雰囲気はわかるのかもしれないけど
私は予告も見ないで本作をご覧になることをお勧めしたい。
だって、何が出るかな?何が出るかな?って言う楽しみがあるでしょp(*^-^*)q

大好きな作品が登場したら
「キタキタキターーーーキタ━(゚∀゚)━!」って(笑)

ネタバレになるけど、私は冒頭の「ロッキー」でガシっとハートをわしづかみに(笑)

映画と映画音楽の歴史を垣間見るのも楽しかったです。
娘なんか元祖「キングコング」見て、唖然としてたもんね。

こういうのを見ると、ドラえもんの秘密道具「ムードもりあげ楽団」を思い出します。
実際にこの作品の中で、映画音楽に携わる人たちが、
「この映画のこの場面はこの音楽がなければ、何も怖くない」
「音楽なしではただの作り物のようだ」
などと発言していて、映画における音楽の重要性をとうとうと説いています。
時代による音楽の変遷など、また映画音楽家の台頭など、解説されて本当に興味が尽きず
まだまだ出てない音楽あるやん!
もっと聴きたい!
という気持ちでしたが・・・。

やっぱり最後は「あの」名曲で〆てもらって、これは泣くしかないやろ?って感じでしたね(^^;


ひとつだけ、ネタバレで書きますが


もちろん、大きな功績を残すジョンウィリアムズなしに映画音楽は語れず
彼の作品がたくさん登場しています。
なかでも「E・T」に関する解説がよかったデス。

ETとエリオットとの別れのシーン、
私はただ二人の別れが寂しくて泣けていたのですが
最後のファンファーレがとても印象的で、
涙が吹き飛ぶ感じがしたのです。

エリオットにとってあの別れは
ETを宇宙に返すという使命の達成でありました。
それがあのファンファーレで表現されていたのです。

そう言われて見てみれば、エリオットはただ寂しそうにしているのではなく
やり遂げた充実感に満ちた顔をしていて
そこにはもう、涙にぬれた顔はなく
堂々とした顔で見送っていますよね。

こうして的確に解説してもらって初めて腑に落ちました。

ほかにもこの映画のなかで解説されることで
とっても納得した作品がたくさんありまして
とても面白く見せていただきました。

ぜひとも、前知識なしで
何が出るかな
何が出るかな
って言う気持ちで見ていただきたい作品です(^◇^)



スポンサーサイト
16:52 : [映画タイトル]さ行トラックバック(0)  コメント(0)

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL