【映】ヒメアノ~ル

ヒメアノ~ル 通常版 [Blu-ray]
ヒメアノ~ル 通常版 [Blu-ray]
Happinet 2016-11-02
売り上げランキング : 11754


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


この映画を観たのは少し前だけど、「ディストラクションベイビーズ」を見たら、感想を書きたくなりました。
「あの」「ジャニーズ」の「V6」の「森田剛」が!!こんな役を!!
という衝撃がありますが・・・。彼、よくやってました(ナニサマ!!怒られるで。(^-^;)
内容は重くて辛いです。
「ディストラクションベイビーズ」と、暴力つながりと言うことで思いだしたんだと思いますが、とても心に残る映画です。

物語は前半と後半で見どころが違うんです。
前半はすごくとぼけたコメディのようでともかく、ムロツヨシがおかしい。
カフェの店員ユカ(佐津川愛美)に片思いしているんだけど、ちょっと・・・いや、かなり気持ち悪いんですね(^-^;
でも、ユカが森田剛演じる森田からストーキングされているので、そのボディーガードを名乗り出る。
それに全てつきあわされるのが濱田岳演じる岡田君。
結局、ユカと岡田が付き合うことになって、ムロツヨシは振られてしまう、そして激怒したり・・・
この辺の三角関係が、みょーにコミカルでおかしいです。
ムロツヨシってこういう役がとても似合ってますね。本当にこんな人なんじゃない?って感じが(^-^;失礼か!
佐津川愛美も体当たりの演技で、見直しました。(私が見たドラマではあんまりいい役ではなかった気が)

後半は森田が本性を現してどんどん恐ろしくなっていくんだけど、
森田君はほんとうに何を考えているのかわからなくて不気味なんです。
ジャニーズのアイドルがここまで汚れ役をやったことあるのかな?
小柄だから高校生の時の回想にも違和感がなかったね。

森田はいじめられていて岡田も、最初は森田とつるんで仲良くなったのに、自分がいじめられるのがいやでいじめる側に回ったという、ひとことで言うと卑怯な奴だけど、でも誰がそれを責められるか。。みたいなね。
誰でも、とまでは言わないけれど、森田のようにいじめられるのか、それとも、いじめる側に立つのかという、二者択一ならほとんどの人がいじめる側に立つんだろうと思う。私もきっとね。認めたくないけれど。

森田の精神はそのとき、壊れてしまったんですね。
後半の森田の凶行は、まるで無関係の人々にも及び、たいへんに残酷なんだけど、高校時代のいじめがここまで森田の精神を壊したのだと思う。
いじめる方は気軽に?いじめてて、年月がたてば簡単に忘れると思う。
でもいじめを受けたほうは一生消えない傷になって苦しむ。
ときには、森田のように狂ってしまう人もいると思う。
いじめは本当に罪深い。いじめる本人が思うよりも何倍も何十倍も。
岡田に殺された人たちは、いじめが殺したようなものだというと言いすぎでしょうか。

エピローグで、森田と岡田が友達だったころのシーンが流れるんだけど、このままいじめなんかに合わずに大人になっていたら、森田にも全然違う「いま」があったはずなのに・・・と思うと涙が止まらないのでした。
スポンサーサイト
17:08 : [映画タイトル]は行トラックバック(0)  コメント(0)

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL