【映】2017年3月の鑑賞記録

3月の鑑賞メーター
観たビデオの数:12本
観た鑑賞時間:1389分

インサイダーズ/内部者たち [DVD]インサイダーズ/内部者たち [DVD]
骨太で濃厚なサスペンス。とても見応えがあった。最初人物関係など少しややこしいけど、展開が幾重も層が厚い。イビョンホンはチンケなヤクザの役だがどこか憎めず、がんばれよ!と言う気持ちになる。馬医の主人公で知られるチョ・スンウが演じる検事も良いキャラで、ふたりの対決やタッグはワクワクした。良い映画だと思う。
鑑賞日:03月30日 監督:ウ・ミンホ
ドント・ブリーズ [Blu-ray]ドント・ブリーズ [Blu-ray]
「暗くなるまで待って」の逆パターンです。障害を持つ人=善人という観念を覆しておかないと見ていて不愉快になると思います。目が見えないのに圧倒的に強いじーさん、とても怖い。けども、いろいろツッコミどころがある。目が見えないんだから自分についた返り血なんかをキレイにぬぐえないよね?とか。目が見えないのだから照明器具はいらないのにな・・とか。私の鳥頭でも疑問が湧いたけど、、それでもハラハラしました。
鑑賞日:03月30日 監督:フェデ・アルバレス
ジェイソン・ボーン ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]ジェイソン・ボーン ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]
シリーズが大好きなので、復活したこの作品をみて、がっかりしないだろうかと。それで劇場で見なかった。でもこれなら劇場で見ても良かったなと思った。マットデイモンはちゃんとボーンとして体も作ってきてたし(良く絞っていた)アクションも従来と遜色ないように見えた。ストーリーはわざわざ続編を作るほどのものか疑問だけど(^-^;
鑑賞日:03月30日 監督:ポール・グリーングラス
ジョイ 2枚組ブルーレイ&DVD(初回生産限定) [Blu-ray]ジョイ 2枚組ブルーレイ&DVD(初回生産限定) [Blu-ray]
絵に描いたようなスッキリ爽快なサクセスストーリーではない。だから達成感が分かりやすく感じられないと思う。しようと思えばいくらでもそういう風にできたと思うけど、そういう演出になってない。達成したところで、彼女を悩ませる存在は健在で、ひとは目的を達成したところで、100%満足して幸せになれるものではないと。。悩みは生きている限り尽きないと、思った。それが言いたい映画ではないにしろ。それでもやっぱり憧れる、特許富豪。
鑑賞日:03月22日 監督:デヴィッド・O・ラッセル
13時間 ベンガジの秘密の兵士 ブルーレイ+DVD+ボーナスブルーレイ(3枚組セット) [Blu-ray]13時間 ベンガジの秘密の兵士 ブルーレイ+DVD+ボーナスブルーレイ(3枚組セット) [Blu-ray]
実話だと。ヒラリークリントンのメール問題とは、この事件に関するものだったんですね。。(^-^; カダフィ政権が倒された・・ところまでは聞いていても、そのあとのことは知らないので、このように無政府状態、そこかしこに武器がばらまかれ、子どもですらライフルを持っているというそのカオスな状況に慄然とした。誰のために何のために誰と戦っているかもわからないという、主人公たち。CIAの無能っぷり。絶体絶命の中でいくら倒しても際限なく湧いてくる敵の民兵の怖いこと。この事件の真相は?知りたい。
鑑賞日:03月19日 監督:マイケル・ベイ
レヴェナント:蘇えりし者 2枚組ブルーレイ&DVD(初回生産限定) [Blu-ray]レヴェナント:蘇えりし者 2枚組ブルーレイ&DVD(初回生産限定) [Blu-ray]
物語はどうと言うことは無いけれども撮影も演者も体当たりですごい!それゆえに厳しい自然がすごくリアルで見応えがあった。これを見たら、レオにオスカーをあげて!!お願い!!と、言いたくなる。悲願のオスカーだけどもやっぱり私は「ギルバートグレイプ」のアーニーを見ると、この時にとっていて当然と思うなー。しかし作品賞は結局「スポットライト世紀のスクープ」が受賞したけど、さもありなんです。見応えはあったけど訴えるものはスポットライトのほうが上と言う気がする。
鑑賞日:03月19日 監督:アレハンドロ・G・イニャリトゥ
アーロと少年 MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]アーロと少年 MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]
恐竜絶滅の原因とされる隕石が落下しなかった世界、恐竜は生き延び進化して文明を持つ。逆に人間が動物のようになっている(ペット)という設定以外は、悪い物語ではないけれども平凡。ただ、映像がきれい。技術もさることながら、自然界の描き方がとてもきれいで魅了された。しかし、人間以外が文明を持つって手塚「火の鳥」でナメクジが。。っていうのがあったよね。それを思いだした。
鑑賞日:03月19日 監督:ピーター・ソーン
帰ってきたヒトラー コレクターズ・エディション [DVD]帰ってきたヒトラー コレクターズ・エディション [DVD]
空恐ろしい物語だった。もしもヒトラーがこの映画のように現代によみがえったら、すごく歓迎されるんじゃないか??と、思わされる。実際面と向かって話したらこの映画のようにフレンドリーで友達になれるような錯覚に陥るのかも。そしていつしか自分の方向性も誤ってしまうのかも。あるいみタイムリーな映画だと思う。笑えるようで笑えない。
鑑賞日:03月18日 監督:デヴィッド・ヴェンド
マネーモンスター 【初回生産限定】 [DVD]マネーモンスター 【初回生産限定】 [DVD]
まずまず面白く見ることができた。でも、中盤、あれじゃ犯人がいつでも射殺できるやろ?と言う場面が少なからずあって緊張感に欠ける。ジョージクルーニーがあんまり誠実に見えないから(ごめんね)その点でも説得力に欠けたような気がする。そもそも、カイルは無謀にもほどがあるよね???テレビジャックの話なら韓国映画の「テロ、ライブ」のほうが楽しめたかな。
鑑賞日:03月18日 監督:ジョディ・フォスター
ハドソン川の奇跡 ブルーレイ&DVDセット(初回仕様/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]ハドソン川の奇跡 ブルーレイ&DVDセット(初回仕様/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]
面白かった。内容的には世界まるみえとか仰天ニュースみたいなことなんだけど、それを見応えある感動モノにしてあるのがクリントの手腕か。最後のシミュレーションと公聴会で何が起きたかがわかる、それまでは「ひょっとして」というハラハラ感がある、そのへんの盛り上がりが見応えあった。
鑑賞日:03月12日 監督:クリント・イーストウッド
ドライビングMissデイジー [DVD]ドライビングMissデイジー [DVD]
ひさーーーしぶりに見た。何と言うことのないストーリー展開だけどもじんわりとくる物語で大好きな映画の一つ。偏屈だけど凛として「きちんと」生きているミスデイジーに頭が下がる。黒人運転手に心を許していく過程がゆるゆると描かれていて和むし、ほっこりして、そして最後は何とも切ない。黒人差別とユダヤ人差別とシビアな問題も盛り込んでただのハートウォーミングな作品にとどまってないですね。
鑑賞日:03月12日 監督:ブルース・ベレスフォード
グローリー [DVD]グローリー [DVD]
デンゼルワシントンもモーガンフリーマンもマシューブロデリックも若い!!デンゼルが鞭うたれながら涙するシーンはアドリブなんだとか。自分の祖先がこうして鞭うたれたことを思うと涙が出たと、そしてそれをみたマシューブロデリックもアドリブで目に涙を浮かべたそうな。特に印象的なシーンでした。いつもなら戦争は虚しいって言うけど、戦いによって尊厳を得た戦争もあったんだな。戦いによってしか得られなかったのが残念だけど。
鑑賞日:03月12日 監督:エドワード・ズウィック

鑑賞メーター

スポンサーサイト
11:35 : [映画タイトル]月別鑑賞記録トラックバック(0)  コメント(0)

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL