【本】2016年の読書メーター

去年一年の読書記録が・・・・
お恥ずかしいけれどこの体たらく(^-^;

「俺物語!」の未読の5冊ぐらい?読んだけど、登録しなかった。
マンガを除けたら年間の読書は6冊でした。ひゃー!

・Aではない君と 薬丸岳
・ルパンの消息 横山秀夫
・悲しみのイレーヌ
・その女アレックス
・傷だらけのカミーユ ピエール・ルメートル
・マリファナも銃もバカもOKの国 言霊USA2015 町山 智浩


今読んでるのは「罪の声」です。
評判がいいから読もうと思いまして。
ぐずぐずと読んでいます(^-^;

今年はもうちょっとたくさん読みたいです!
(去年の今頃もそれ言った・・・)



2016年の読書メーター読んだ本の数:11読んだページ数:3302ナイス数:343マリファナも銃もバカもOKの国 言霊USA2015マリファナも銃もバカもOKの国 言霊USA2015読了日:12月24日 著者:町山 智浩
傷だらけのカミーユ (文春文庫) (文春文庫 ル 6-4)傷だらけのカミーユ (文春文庫) (文春文庫 ル 6-4)感想このシリーズは大好きなので読んだ!大好きなのに寂しい結末。お気に入りのアルマンが死んでしまっていた。そこで相当ショックを受けた。事件はカミーユが個人的に収めようとしていてカミーユの思考や独白が多く、ルイの出番や絡みがほとんどなかったのも残念。三部作の完結とな。もうヴェルーヴェン班の活躍が見られないなんて寂しい。内容云々よりもそこの部分でとっても残念。読了日:12月24日 著者:ピエール・ルメートル
花に染む 6 (クイーンズコミックス)花に染む 6 (クイーンズコミックス)読了日:03月08日 著者:くらもち ふさこ
花に染む 5 (クイーンズコミックス)花に染む 5 (クイーンズコミックス)読了日:03月08日 著者:くらもち ふさこ
花に染む 4 (クイーンズコミックス)花に染む 4 (クイーンズコミックス)読了日:03月08日 著者:くらもち ふさこ
その女アレックス (文春文庫)その女アレックス (文春文庫)感想面白かった!!好きすぎる。後半は2回読み返した。未読の人は「イレーヌ」→「アレックス」の順に読むことをお勧めする。事件は凄惨で痛々しすぎるけれど物語としては最高に面白い。ともかく、カミーユが、ルイが、ル・グエンが、そしてアルマンが大好きです。余韻に浸りたくて次の本に手が出ない。(ま、言うほども読まないんだけど・・・)もう一度最初から読みたいと思う。大好きです!!読了日:03月08日 著者:ピエール ルメートル
悲しみのイレーヌ (文春文庫 ル 6-3)悲しみのイレーヌ (文春文庫 ル 6-3)感想キンドル版で。登場人物が誰か分からなくなったとき、ハイライトを使えばすぐにわかるので、私みたいに海外の登場人物名が混乱する人間には便利と思う。。それは置いておいて(^-^; 他のユーザーの記述にもあるけど、タイトルがネタバレです!しかし、それだからこそ覚悟して読めた部分も大きい。この夫婦が大好きになっていたので、この結末が惨すぎて知らずに読んだら立ち直れなかったかもしれない。キャラの個性が光り魅力的で読み物として面白かった!ソッコーで「その女アレックス」もポチッとな。読了日:02月13日 著者:
海月姫(15) (KC KISS)海月姫(15) (KC KISS)読了日:01月14日 著者:東村 アキコ
ルパンの消息 (光文社文庫)ルパンの消息 (光文社文庫)読了日:01月11日 著者:横山 秀夫
Aではない君とAではない君と感想キンドル版で。いいですね。読みやすかった。わが子がもしも他人を殺めてしまったら・・と言う物語で、親の立場に立ってリアルにその感情の揺れ動きが伺え、読みごたえがありました。人の命を奪う罪については大人も子供も関係ない。加害者はどう余生を送るべきかと言う問いに対する薬丸さんなりの一つの答えも明記されていて良かった。「悪党」を読んだ時にも感じた著者の姿勢と言うか方向性をここでも実感した。終盤の親子の対話には涙が止まらなかった。やっぱり追いかけたい作家さんです。読了日:01月07日 著者:薬丸 岳
レベレーション(啓示)(1) (モーニング KC)レベレーション(啓示)(1) (モーニング KC)読了日:01月05日 著者:山岸 凉子
読書メーター
スポンサーサイト
21:26 : [本・タイトル]月別読書記録トラックバック(0)  コメント(0)

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL