スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- : スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)

ドラマの話

遅ればせながら 新年おめでとうございます。
早いものでこのブログも12年目に入ります。
韓国ドラマにハマってから本も読まず、映画を見ても感想もマメに書かず、怠慢なブログですが、今年もまたよろしくお願いいたします。


さてさて
もともとドラマをいつの間にか全然見ない人になっていましたが
韓ドラを見るようになって、少しずつ日本のドラマも復活しています。
すごく少ないけど、
去年観たドラマの覚書など、してみたいと思います。


見た時期など忘れてるので、順不同で。
印象に残ったものから行ってみます。


「逃げるは恥だが役に立つ」
ご多分に漏れず、楽しく見ていました。
文句なく、斤年見たドラマでは断トツに面白かったデス。
皆さんそうだと思うけど、ゆりちゃんのことが好きで酢。
トキメキや萌えはゆりちゃんで感じさせてもらいました。

「朝が来る」
NHKの朝ドラではありません。
辻村深月原作のほうです。
原作は読んでないけど、ドラマはとてもよかった。
親に見捨てられたヒロインの心情が悲しく、彼女に寄り添おうとする彼氏の存在もよかったし、楽しみに見ていました。

「ナオミとカナコ」
奥田英朗原作のドラマ化。
なかなか上手に映像化してありました。
謎の中国人おばちゃんを演じた高畑淳子さんが圧巻!!
この人を楽しみに見ていたと言っても過言ではなかった(笑)
あとは飛ぶ鳥落とす勢いの吉田羊さん。
黄色いコートが目に焼き付いてます。怖かった(笑)
言及するのは主人公たちよりも脇役(笑)

「はぶらし」
「ナオミとカナコ」と同じような時期に、同じく内田有紀主演のこのドラマも見てました。
原作が好きだったので。
ドラマと原作では原作のほうが、家に転がり込んできた元同級生の不気味さが大きかった。

「ゆとりですがなにか?」
娘が岡田将生が好きなのでお付き合いで見てましたが
実は最終回は見てません。
なんだか結末はどうでもよくなって(^-^;
岡田将生の彼女が安藤サクラって・・・言っちゃ失礼だけども
美男美女のカップルじゃないところが珍しいなと思ってた。
美男美女のカップルにはそれなりにやっかみが生まれるけど(ごめんなさい狭量で)
美男に普通の女の子がくっついていても、それなりに嫉妬が生まれるもんだなと思った(^-^;
このドラマの柳楽優弥はカッコいいなと思った。
いま缶コーヒーのCM出てるけど、露出が増えるかな?

「闇金ウシジマくん season3」
最終話がなんかの特番の加減で時間がずれて、録画で来てなくて
最終回を見ていない!!
このドラマを見て子ども達に、お金や言い寄ってくる男の恐ろしさを勉強してもらいたい(笑)

「火の粉」
雫井修介原作のドラマ化。
うーん、これも原作には及ばなかったと思うな。
ラストが違った気がする。
原作は面白かった。

「賢者の愛」
WOWOWのドラマです。
谷崎潤一郎の「痴人の愛」のもじりと言うか?
中山美穂が久しぶりにドラマ出演したんだとか。
中年とは思えないスタイルのよさ、とくに二の腕ね。
50も過ぎるとどこをどう取り繕っても二の腕の肉が年齢を語るよね。
ミポリンはいつまでもすらっとしていました。
相手の高岡早紀も美しかった。
物語はそこまで面白く感じなかったけど、ラストは気に入りました。

「とっとテレビ」
満島ひかりさんは黒柳徹子さんにそっくりだった。
徹子の部屋もちらっと見た。
昔をしのんで切ないドラマだったように思います。
坂本九ちゃんのこと思いだした。
徹子さんの仲良しの向田邦子さんが飛行機の事故で亡くなっていたので、、、
あとで「沈まぬ太陽」を見るんだけど、そこでも九ちゃん思いだしてました。

こんな感じかな。
結構見たような気がするけど日本のドラマって短いもんね。

「重版出来」ってドラマが評判が良くて、見逃したのが残念でした。
Amazonプライムに来ないかな??

それから、今年最初のドラマは「沈まぬ太陽」で、さっき見終えたところです。
すごく面白かったデス。
これを旧年のうちに見ていたら一番にしたと思う。


今年も面白いドラマがあれば見たいです。
面白いドラマを見るためには、ともかく第1話を見なくっちゃならないのが難ですね。
「逃げ恥」みたいにみなさんの評判がすごく良いのをツイッターとかで見て
それからオンデマンドで第1話を見て、それから録画していくことができれば。
第1話を見逃したら評判が良くても、見る気が失せるもんね(^-^;


スポンサーサイト
16:28 : [そのほか]テレビやドラマトラックバック(0)  コメント(0)

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。