【映】紙の月

紙の月 DVD スタンダード・エディション
紙の月 DVD スタンダード・エディション
ポニーキャニオン 2015-05-20
売り上げランキング : 28885


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


映画版「紙の月」を見ました。
原作が大好きな私には、映画版は少し物足りなかったです。
映画単品としてなら、ひょっとして面白いのかもしれないんだけど(評判も良いですしね)、やっぱり、原作を知っているとどうしても、比較してしまいます。
やっぱりあの作品を2時間弱にまとめるって言うのが、最大の難点ですよね。
その割にはけっこう頑張ってたとは思うのですが(ナニサマ!!)(^-^;

その点、NHKのドラマはすごく良かったんです。
小説と同じくらい、それ以上に気に入ったのでした。
ま、5回連続ドラマで、尺もそれなりにありましたし。

原作では、主人公梨花や光太のほかに、お金に翻弄されるキャラクターが何人も登場して、「お金」について、「お金に振り回される人間」について、辛辣に描いてあってそれもまた一興でした。
ドラマ版では原作に忠実に、主人公の友達も登場し、それぞれのドラマを繰り広げていて、その部分も見応えがありました。

映画版では、梨花の友人関係はばっさりとカットされています。
しかし、映画版独自の、小林聡美さん演じる銀行員が、その穴埋めをするかの如く存在感を示していて、よかったんです。
終盤の主人公とのやりとりなどは、すごく印象的です。
大島優子さんもなかなかいい味を出していました。

映画版とドラマ版で決定的に違って、私が個人的にドラマのほうが良かったなぁと思うのは、夫との関係です。
映画版では短い尺の中で、腕時計のエピソードなどで端的に夫の人柄(?)を表現してて、お見事ではありました。
でも、ドラマのほうが「嫌な奴」度が高かったです。
映画は田辺誠一さんで、イケメンだったし(それは違うけど)。

夫がそこまで嫌な奴に思えないと、光太との関係が安易な感じに思えてしまいます。

いろいろ比較するのはあらさがしをしているようなもので、映画を一つの作品と楽しむべきなのは分かってるんですが、やっぱりどうしても、ドラマや原作と比較してしまうのです。
原作ものの映像化を見るのは、見る方にも「技術」が要求されるなぁと、つくづく思いました。


恋人の光太役、池松壮亮くんは「半分の月がのぼる空」でも好演していました。
(っていうか、それしか記憶にない(^-^;)
「半分の・・」は、最近起きた事件で有名になりましたが・・・。
こちらも原作あり、アニメ作品あり、です。
原作未読、アニメも見てない、だからか、こちらの映画はとっても良かったのです。
スポンサーサイト
21:47 : [映画タイトル]か行トラックバック(0)  コメント(2)
このコメントは管理者の承認待ちです

2015/10/30(金) 17:54:53 | - │ | [編集]

らぴ~~(●^o^●)おひさしぶりーーー!
コメントありがとう!!!

らぴ~も映画よりもドラマのほうが良かった?
ドラマは音楽も良かったしねー。
あと、映画は体当たりなんだろうけど(それが売りの一つ?)ベッドシーンが濃厚で長いのがちょっと・・・。
それいらないと思いました(^-^;

八日目の蝉らぴ~と同じく、ドラマのほうが良かったと思う。
でも、あれ、映画版を見てから再放送でドラマを見ちゃったのでね。
見る順番も影響するよね?
ともかく、映画は映画館まで行ったんだけど、そこまで印象的ではなかったかな。
やっぱり映画版も、ベッドシーンて程のものはなかったけど、
劇団ひとりが気持ち悪かったわ。。。(もしかしてファンだったらごめんね)

コメント、ありがとうねー(^o^)丿

2015/10/31(土) 10:29:19 | short │ URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL