【映】ウォルト・ディズニーの約束(追記)

この記事の続きです。
「メリー・ポピンズ」制作秘話。

B00KBLC6LOウォルト・ディズニーの約束 MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社 2014-08-06

by G-Tools



★★★★★


「メリー・ポピンズ」の作者パメラ・トラヴァースは、この映画によると結構な偏屈です。
映画化したいと言うウォルト・ディズニーの申し出を20年間断り続けたらしい。
でも、いよいよ生活に困窮し、映画化の権利をディズニーに渡すことにします。
そしてイギリスからハリウッドへ・・・。
ようやく作者トラヴァースに会えたディズニー氏は大歓迎します。
でも、ちっとも喜ばないトラヴァース。
ファーストネームで呼び合おうとするディズニーに対し、かたくなに名字で呼ぶし、名字で呼ぶことを強います。
辛辣な言葉しか吐かない作者を相手に、映画作りは進むのです。
いや、進まないのです。

そもそもトラヴァースは注文が多くて、アニメはダメ、ミュージカルはダメ、あの役者はダメ・・・と、ダメダメ尽くし。
赤い色を使わないでとか、どう考えても無理な注文まで、もうどんだけ~!!って言う感じです(^-^;
(実際の「メリーポピンズ」は赤色もアニメも歌もダンスもあり!)
でも、ディズニーは受け入れます。なんという寛大。感心します。

作者の偏屈ぶりと、ディズニーの我慢強さの戦いで、冒頭はこれが面白いです。
水と油ですよね(^-^;

物語が進むにつれて、作者が何にこだわっているのかが分かってきて、それがなかなか泣かせます。
私はかなり泣きました。
そして、今まで真剣に見たことがなかった「メリー・ポピンズ」の、シーンの一つ一つがよみがえり、あのシーンにもこのシーンにも、こんな「思い」が込められていたのだと言うのが分かってきて、ある種の謎が解けたような得心が行きました。

映画作りが進むうちに、ディズニーによって、作者の気持ちが開かれていきます。
誰にも「譲れぬ思い」と言うのはあるものですよね。
両者が気持ちを分かり合っていくその過程が、とても丁寧に描かれていて、良い映画でした。
ただ、だからと言って映画が終わったときに、両者が全く「親友」にでもなったかと言うと、そんなことは無くて・・その辺の辛口な感じも良かったと思います。
個人的には現時点で今年のベストかな。

タイトルは「ウォルト・ディズニーの約束」なんだけど、原題は「SAVING MR.BANKS」で、この二つのタイトルがまた「語って」いて、見終わった後ではシンクロするように深く胸に響いて来て泣けました。

ディズニー映画の曲を作っていたのは、シャーマン兄弟と言う人たちで、映画の中でも出てきて、作曲するシーンがあります。
ボブとリチャード。ディズニーのよき相棒であり、ともに偏屈トラヴァース相手に苦労する同志でありました。
良く知ってる曲の数々が作られていく風景、もっと多くても良かったけど、彼らが主役じゃないので仕方がないですね。
でもBGMを飾るメリーポピンズの曲がうれしく、サントラが聴きたくなること間違いないです。
シャーマン兄弟については、彼らのノンフィクション映画があるようで、この次はこれを見ようと思います。

ディズニー映画の名曲を作った兄弟:シャーマン・ブラザーズ [DVD]
ディズニー映画の名曲を作った兄弟:シャーマン・ブラザーズ [DVD]
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社 2014-03-19
売り上げランキング : 67595


Amazonで詳しく見る
by G-Tools




以下はネタバレ感想です。




メリーポピンズは当初は、「頑固おやじに窮屈に育てられている子供たちを救うためにやってきた」っていう設定だったのかな。
でも、トラヴァースは、父親が「頑固」で「冷徹」に描かれていることに反発します。
そして、メリーポピンズは「子供たちを救うためにやってきたのではない」と言うのです。

ディズニーは彼女の名前、本名やペンネームから、彼女の心のうちを察します。
父親の名前をペンネームに使っていたトラヴァース。
敬愛する父親は、夢見がちな楽しい愉快な父親だったのですが、実際には生活力のないアル中でした。

汽車の駅で言うなら、終点のへき地に引っ越さねばならなかったのも父親のせいで、銀行に入れてもらっても務めを果たせない。社会人としても夫としても失格な父親・・。だけど、トラヴァースにとっては大好きな父親です。

お酒のせいで病気になり、寝込んでしまう父。
家の中は荒れ放題、母も情緒不安定になってしまう。

そこに登場したのが、伯母さんでした。
伯母さんの登場シーンは「メリーポピンズ」の登場シーンとそっくり。
きびきびとボストンバッグから父親の薬を出します。
そのほかにもいろいろなものをだし、きびきびと掃除をはじめ、暗くよどんだ一家に「風」を吹き込みました。
伯母さん=メリーポピンズは、子ども達ではなく、「お父さん」を助けに来たのです。
でも、やっぱり子供たちにも母親にも、救世主だったと思う。

伯母さんはお父さんとは仲が悪かった、というか、お父さんにとっては煙たい存在の人で、その辺の関係も「メリーポピンズ」に投影されていたのですね。

でも結局お父さんは死んでしまいます。

この悲しいトラウマを抱えて生きている彼女にとって、「メリーポピンズ」が何物にも代えがたい大切な作品で、他者に踏みにじられたくないと言う気持ちにもなるだろうなと。。涙涙で見ていました。

ディズニー自身は厳しい父親の思い出を語るシーンがあり、それもなかなか壮絶でしたが、トラヴァースと同じように(ではないけれど)父親への確執があったり、また、メリーポピンズの映画化は自身の娘との約束だったと言うので、「父と娘」と言う点でも重なる部分があったのだと思います。
「父親は娘との約束は絶対に守る」と、ディズニー自身も言うし、トラヴァースの父親も言うのです。


まぁ、好きな原作が映画になった場合、その原作が好きだと映画化にどうしても、難癖をつけてしまう傾向にありますよね。私だけじゃないと思うけど。
それが作者ならもっと思い入れがあるし、作者が大事にしている作品ならもっともっと思い入れがあるのは当然。
本当に偏屈だけど、彼女の気持ちも分かる気がします。

スポンサーサイト
11:39 : [映画タイトル]あ行トラックバック(0)  コメント(0)

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL