【本】ナオミとカナコ/奥田英朗

ナオミとカナコ
ナオミとカナコ奥田 英朗

幻冬舎 2014-11-11
売り上げランキング : 22976


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



うっふっふ。
久しぶりに本を読みましたよ。。。
思えば昨年末に黒川博行さんの「後妻業」(感想なし)を読んでから、5か月目です!!
去年よりもさらにさらに読書量が激減しています!(^-^;

しかし、この本は無理してでも読んでよかった~。
すごく面白かったです。
まさに「ページをめくる手が止まらない!」でした。
もともと、奥田さんは大好きな作家さんですし。
「後妻業」は感想も書かず仕舞いだったけど、今回は久しぶりに感想を書こう!と思います。
それぐらい面白かったんですってば(笑)。

タイトルのナオミとカナコ、ふたりは「親友」です。
第一部はナオミの章で、第二部がカナコの章になっていますが、物語は一つです。
ふたりはある事件を起こします。
その一部始終と顛末が描かれているのです。
・・・って言うとザックリ言いすぎですが(^-^;
興味がある方はここで私の記事を読むのをやめて、この本を読まれた方がよろしいかと存じます(^-^;

しかし、流れだけでも・・と言う方は、次も読んでください。

第一部の主人公のナオミ、百貨店の外商部門勤務です。
まるで「執事」のように、個人的な相談事や頼まれごとに奔走することもあり、本来は学芸員希望の直美にとっては不本意な仕事ながら、元来の生真面目さから、とても熱心に仕事に従事しています。
あるとき、華僑相手の商談会で「万引き」騒動があり、直美は肝の座った対処ができた。
それを縁としてチャイナタウンの中国食料品店の李朱美社長と懇意になります。

本作ではこのチャイナタウンでのエピソードが頻出しますが、中国人とのやり取りや関わり方など、中国人と日本人の性格や生活性の違いも含めて、とても興味深く、これだけでも奥田さんなら一つの作品を作ってしまいそうです。
そこで生き生きと働く直美の姿が読者の好感度を上げていきます。

直美には大学生のころからの親友がいて、実はこの親友、加奈子が夫のDVに苦しめられているんです。
あまりにひどい暴力に、ついに直美は、加奈子の夫を「排除」することにします。

さてその方法や、結末は・・・??


以下は完全にネタバレ感想です。


話の流れ的には、そう思うのも仕方がないかな・・と思う一方で、やっぱり人を殺すという行為の恐ろしさに、「無理無理無理!!!」と思う気持ちが強く、しかしコトを進めていくこの二人にハラハラさせられっぱなしでした。
物語と主人公二人の行動力に勢いがあるので、上手くいきそう(完全犯罪)に見えなくもなかったですが、あちこちで綻びがあったのです。
それが、第二章の「カナコの章」で次々に露見して、ふたりは追い詰められていきます。
第二章は第一章以上にハラハラの連続で、心臓に悪いぐらいです。
夫の排除を決めたとき、どうして「正当防衛」を装った殺人にしなかったのかと。。。
カナコのひどい状態を見れば警察も突発的に身を守るために殺してしまった・・と、正当防衛の過失致死にしたのではないかと思うんだけど。
それでは少し平凡になってしまいますかね。。。
自分でも、ひょっとして突発的に殺人を犯してしまう可能性と言うのは、完全には否定できない私ですが(^-^;計画を立てて冷静に、人を殺すと言うのは、考えただけでも本当に恐ろしいのです。
しかも、完全犯罪なんてあり得ないでしょ。
防犯カメラ
通話記録
Nシステム
素人にだってわかることすら、分かってない二人。。
と言うのが、どんどんと、出るわ出るわ。
あれもこれも、あまりにも考えなし、杜撰、雑!
でも、こっちも勢いにのまれて「良く出来た犯罪かも」なんて思ってしまった。
第二章を読むと、読みの甘さの大きさにあきれ返ってしまいます。

加奈子の夫には手ごわい味方がいました。
妹の陽子です。
切れ者で行動力がある。彼女がどんどん真相に迫っていくのです。それが怖いんです。
ホントのラストでは行く先々に陽子が現れたりして、まるでターミネーター並みの存在感でした。。
お~こわ(^-^;

ふたりの犯した犯罪は、許されることではないのですが、心情的にはまったく同情してしまっていて、うまく逃げてほしいと・・そればかりを念じていました。

第一章で得た人脈が終盤で生きてくるなど、物語の構成的にも良く出来ていると感じたし、「よっしゃ!」と言いたくなるような快挙があったり、終盤のスリリングなことと言ったら、読み終わるまで本から離れられませんでした。

奥田さんはこの二人にどんな結末を用意しているのか?
やっぱり「天網恢恢」なのか?
それとも、逃がしてやってくれるのか?
ページをめくりながら「奥田さん、どっちなの!!」って気持ち(笑)

結論は・・・奥田さん、ありがとう!!
と言う感じでした。
結末にも、そしてこの面白い本を書いていただいたことにも。


最後に、DV被害者がこの世からなくなりますように。念じてやみません。
スポンサーサイト
10:31 : [本・タイトル]な行トラックバック(0)  コメント(4)
なんと、5ヶ月ぶりに読書とは。。。。

2015/05/15(金) 20:42:58 | Todo23 │ URL | [編集]

あは・・・(^-^;
気付いたらそうなっていました。
自分でもびっくりです。
面目ない!!

2015/05/16(土) 01:18:42 | short │ URL | [編集]

あはは!またTodo23さんからのツッコミが(●^o^●)
ねえさま、久しぶりです。
これ私も読んだけど 常識的に考えたら陽子の方が正常なのにそうは思えなくてすっかりナオミとカナコに肩入れして読んでる自分に結局はビックリ@@そしてそれが奥田さんの目論見なんですなあ~いやはやすごい方ですよね。

2015/05/28(木) 11:14:57 | こみっくま │ URL | [編集]

こみっくまちゃん、おひさしぶりーー(^o^)丿
コメントありがとう!
ご無沙汰してしまってごめんね~。
猫ちゃん飼ってるんだね!!(今頃・・・的な?)
いいなぁ。いちごがすっごく猫を飼いたがってるんだけど。。
可愛いでしょうね♪

うん、この本、久しぶりに読みましたよ。
面白かったなぁ。
そうそう。陽子のほうが当たり前と言えば当たり前。
でもDV男の姉って言うだけで(妹だったっけ)好感度がダダ下がるよね。
奥田さんはほんとに、好きだなー。と思いましたです(●^o^●)

あはは
にー様のツッコミね。

こんなに長い感想を頑張って書いたのに、突っ込むところが「そこ??」って感じで
笑ってしまいました(^-^;

2015/05/30(土) 18:19:41 | short │ URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL