スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- : スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)

【映】17歳のエンディングノート

17歳のエンディングノート [DVD]
17歳のエンディングノート [DVD]
TCエンタテインメント 2013-11-06
売り上げランキング : 34484


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


【あらすじ】
白血病で大人になるまで生きられないと医者に宣告された少女テッサ。
娘の病気を治すため、新しい治療方法探しに没頭する父親と、現実を受け止められず娘の看病すらできない母親。
絶望がテッサを支配していた―。死へ漠然とした恐怖を抱えたまま、テッサは17歳の誕生日を迎えた。
いよいよ「その時」が近いことを悟ったテッサは衝動的に死ぬまでにしたい【TO DO リスト】を作り上げる。
なんとなく毎日を過ごし、ただ死を待つだけだったテッサだったが、このリストを1つずつ実行することで生きる意味を実感していく―。
「お酒を飲む」「セックスをする」「ドラッグをやる」…大人になったらやりたかったことをすべてやろう。そう誓ったテッサは、死を迎えるまで前向きに生き抜こうと決心した。
そんなテッサの前にひとりの青年が現れた・・・。
(Amazonより引用)

感想、ネタバレ含みます。



いや、これはたしかに12禁でしょう・・と思う場面がたくさん。とくに万引きとか、人のキャッシュカードを掏るとか、いくら病気で余命いくばくないとしても、それはやっぱり駄目でしょう。。と。そんなことをTODOリストに入れちゃうのか?もともとそれをしたかったの?みたいな気持ちはありましたが(^-^;
冒頭も行きずりの男子とベッドに入ろうとするシーンにのけぞってしまった。
またその相手の男子が貧相な男で「え??そんな相手でいいの?」って←違うか(^-^;
(その男のおかげでのちの登場する隣の男子がイケメンに見えたことは間違いない。)
でも、自分はもう半世紀も生きることができて、子どもたちも今のところ元気で健康。もしも17歳で死んでしまうなんてこと、想像が及ばないのです。
ただ、なんとなく、そういう気持ちになるんだろうな。と思ったりします。
ちょっと「私の中のあなた」を思い出していたんだけど、子どもが死んでいく現実って、親としてはなかなか受け止めきらないですよね。なんとかして、なんとかして生きさせてやりたいって思うと思う。
それとも、テッサの母親のように「逃げる」か・・。
彼氏もやっぱり最初はテッサの病気を受け止められないで、ビビってしまいます。
当然だと思う。若くて健康な青年に、テッサの症状は過酷すぎます。
それでも、病気にたじろいだ自分をきっと悔いた彼は、街中にテッサの名前を書きました。
このシーンがものすごく印象的で泣けました。ここがいちばんドラマティックだった。
ただのお涙ちょうだいのドラマというよりも、現実的な部分があって、淡々と進む物語に却って泣かされてしまいました。
幼い弟がまた可愛くって。。。
最後のセリフ「とりついてもいいよ。」っていうのがまた泣けた。
家族の死をどう受け止めるか、つらいけれども、心安らかに送ってあげるのが一番かな。
辛すぎて難しいですよね。
死んでいくしかない相手に「死なないで」って泣いても・・・泣かれても困るよね・・と思いながらも、自分もやっぱりこの父親のように「死なないで」って、もっと激しく泣いてしまうだろうなぁ。
スポンサーサイト
10:40 : [映画タイトル]英数トラックバック(0)  コメント(0)

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。