【映】1月の映画鑑賞

1月の鑑賞メーター
観たビデオの数:3本
観た鑑賞時間:559分

セデック・バレ 第一部:太陽旗/第二部:虹の橋【通常版 2枚組】[DVD]セデック・バレ 第一部:太陽旗/第二部:虹の橋【通常版 2枚組】[DVD]
霧社事件・・すさまじい事件だったんだなぁ。正直言うと確かに現地人たちの習慣や文化は野蛮と思った。最初はちょっとドン引き。だからと言ってもちろん日本軍の弁護をする気はないけど・・。同じ台湾人同士でも隙あらば首を狩ったり狩られたり、台湾の黒歴史では?とさえ思ってしまった。しかし進むにつれ彼らの誇り高さに胸を打たれてしまう。モーナ・ルダオの圧倒的な存在感と威圧感にやられた。特に後半のほうでは蜂起側にとんでもなく感情移入した。バワンという少年だのルダオの息子世代の確執だのどこを取っても心を揺さぶられた。女子供は哀
鑑賞日:01月24日 監督:ウェイ・ダーション
スティーヴン・キング 骨の袋 [DVD]スティーヴン・キング 骨の袋 [DVD]
キャンペーンで期間限定で加入したスターチャンネルで録画したものを見た。わざわざには借りないと思う。前後編にするほどのものでもない。もっとコンパクトにまとめてたらよかったかも。怖いんだか滑稽なんだか、ところどころ笑ってしまった。
鑑賞日:01月15日 監督:ミック・ギャリス
ベルリンファイル [DVD]ベルリンファイル [DVD]
ジェイソン・ボーンみたいだったなぁ。私の中ではボーンが一番「強いエージェント」なのです。でも、ハ・ジョンウもキレのあるアクションでよかったですよ。ハン・ソッキュも猟奇的な彼女も良かったと思う。韓国映画なので結末は・・ああいう感じになるんだろうなと思ってたよ。しかし、導入部がややこしすぎて、は?は?と思ってるうちに話が進み、巻き戻してもわからないし・・・中盤からぐっと面白かったです。
鑑賞日:01月06日 監督:リュ・スンワン

鑑賞メーター


スポンサーサイト
13:29 : [映画タイトル]月別鑑賞記録トラックバック(0)  コメント(2)
ねーさん、こんにちは
早速遊びにきましたよ。
セデックパレ、すさまじいかったね。
同じ部族同士、日本人皆殺しはむごすぎる。女性子供の自殺も哀れすぎる。
彼らの誇りの高さは感じずにはいられませんでした。
軽蔑する人もいるが、本来、礼儀正しい日本人、セデック族を赤裸々に描いたところは親日家を感じました。
そうそう、日本統治下時代に台湾の高校が出場し準優勝した事実を描いた台湾映画「KANO(かのう)」興味あり、日本ではいつ公開するだろう?これ、観たい。

「ベルリンファイル」はソチの疲れか、途中で寝てしまい、再見しないまま返しましたTT

2014/02/28(金) 13:28:16 | ラム │ URL | [編集]

ラムちゃん、コメントありがとう!
セデックバレ、語弊があると思うけど、映画としてすごく面白かったよ。
史実がどうとか考え出すと、ややこしくなるので(^_^;)
私は単純に映画だけ、楽しみました。
ほんとね・・誇りって何か、考えさせられたわ。

↓のほうに、長~~い記事にしてあるので
よかったらまた見てやってください。
あんまりたいしたこと書いてないけど(^_^;)

ベルリンファイル、前半は眠くなるよね。わかるよ。
後半は面白かったよヽ(^o^)丿

2014/03/01(土) 18:01:13 | short │ URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL