【本】共震/相場英雄

409386358X共震
相場 英雄
小学館 2013-07-23

by G-Tools



内容紹介
鎮魂と慟哭のミステリー!

大和新聞東京本社の遊軍記者である宮沢賢一郎は、東日本大震災後、志願して仙台総局に異動する。沿岸被災地の現状を全国の読者に届けるため、「ここで生きる」というコラムを立ち上げた。そんななか、宮沢とも面識のある県職員が、東松島の仮設住宅で殺害された。被害者の早坂順也は、県職員という枠を越えて、復興のために力を尽くしてきた人物だった。早坂は亡くなる直前まで、被災地の避難所の名簿を調べていたという。
(Amazon紹介文)

【感想】


ひたすら胸が痛い。
著者独特のスタイルにより、センセーショナルに社会問題を切り取り、それをミステリと言う形で読者に届けてくれる。今回は東日本大震災であり、復興に関わる予算などの利権に群がる「悪いやつら」のことを告発している。
ミステリーとしては、そこそこかなぁと言う印象だけど、それよりも圧倒されるのは、丁寧な取材によって描かれた震災の有様。著者はシリーズものでみちのくに縁があり、思いをこめた取材をしたようで、それが伝わり胸に迫る描写となっている。
それをまざまざと見せ付けられ、そのとき自分がどうしていたか、その後何をしたか、いま、何をしているか・・と突きつけられてひたすら胸が痛くなり、小さくなるしかない。
こういう本によって私みたいなぼーっとした人間にも「忘れるな、今も続いている、終わってないんだ、忘れるな!」と叱咤激励してくれる。
それにしても、人間って醜いなと思ってしまう。
ニュースでは「日本人はこういう震災の非常時にも、暴動も起きず略奪も無い稀有な人種」・・みたいな美談が取り上げられていたけど、やっぱり実際にはたくさんの泥棒が横行したようだし、復興予算を当て込んで一儲けたくらむ輩もおおぜいいるみたい。
本書のテーマにもなっているんだけど、NPOの中には不届きな団体もあるようだ。
もちろん一部だろうが・・・と信じたい。
でも何よりもやっぱり、ひとりひとりが忘れないこと。地域的にも時間的にも「遠い物語」にしてしまわないことが大事だと思う。
渇を入れられたような気持ちになった。オススメ。
スポンサーサイト
14:41 : [本・タイトル]か行トラックバック(0)  コメント(0)

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL