【本】よだかの片想い/島本理生

4087715078よだかの片想い
島本 理生
集英社 2013-04-26

by G-Tools



正直言って、島本理生さんとか綿谷りささんとか、どうもごっちゃになってしまう・・・(^_^;)
おばちゃんがテレビでジャニーズやAKBを見ても、どれも同じに見えるのと似たような感覚なのかな・・と。
すみません(^_^;)
今まで島本さんと綿谷さんを激しく混同していたんだけど、この作品は突出して、胸に迫る物語だった。
ジャニーズやAKBの区別も付かないおばちゃんの私でさえ、胸が締め付けられそうになるほどだった。(←こんなことを言うのもこっ恥ずかしいのだけど、あえてそう言いたいほど良かったのです!)

主人公は顔にアザのある少女アイコ。
小学校のあるときまで、アザは決して彼女の「悩みの種」でも「コンプレックスの元」でもなかった。
彼女にそうさせたのは、他でもない「他人の言葉」だった。
何気なく、おそらく何気なく発した(からかったつもりさえなかったと思う)同級生の言葉に、必要以上に反応した教師のことば。それによって、主人公は自分が他人からどう見えるのか、自分がどういう存在なのかを認識する。
それからの彼女はひたすら下を向くようにして生きているのだ。それがとても痛々しい。でも、そうさせているのは私のような無神経な人間なのだろうと思うと、いたたまれない気持ちになってしまった。
そんな彼女は友達のつてから、本の出版にかかわり、映画監督の飛坂に出会う。
彼に惹かれて行くアイコ。そんなアイコを飛坂もまた愛してくれる。
はかない恋が美しく描かれ、アイコの気持ちがとても切々と迫ってきて、目があちこちで潤んでしまった。
ひとを初めて愛し、そして愛される喜びを知り、愛ゆえに悲しい思いもする。
人はなんという矛盾に満ちた生き物なんだろう・・と思ってしまう。
アイコと飛坂の物語だけではなく、ミュウ先輩や原田君など、登場人物の気持ちがすべていとしく感じられる。
ストーリーとしてはとても単純な筋立てである。
だけど、こんなにも胸に迫る初恋物語を久しぶりに読んだ気がした。
50のオバサンも少女に還ったように胸がときめいて、アイコと同じように一喜一憂し、喜びに胸震わせ悲しみに涙を流した。稀有な本だと思う。
宮沢賢治の「よだかの星」は、私も読んだことがある。有名どころの宮沢作品は、イマイチわけが分からず(^_^;)ちゃんと読んでない(読めなかった)私が、唯一読めたのがこの「よだかの星」だった。
よだかは悲しくて、でも、崇高な存在。
彼女をそんなよだかになぞらえてあるのだと思うが、それがとても良いとおもった。
オススメ!


スポンサーサイト
14:27 : [本・タイトル]や行トラックバック(0)  コメント(0)

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL