【映】許されざる者

B003GQSXKE許されざる者 [Blu-ray]
ワーナー・ホーム・ビデオ 2010-04-20

by G-Tools


テレビ録画。アカデミー作品賞も受賞したらしいけど、なぜかスルーしていた作品。
1992年作の西部劇は内容的に複雑で、単純な勧善懲悪ではなかったので、私にはちと難しかったです(^_^;)




主人公ウィリアム・マーニー、悪辣非道なアウトローだった彼は、妻となる女性との出会いで改心し、その妻が死んだ今も、赤貧ながらも子どもたちと堅気に暮らしている。
そんな彼の元へ若いガンマンが賞金稼ぎの話を持ち込む。
賞金をかけられているのは、牧童たち2人で、酔った勢いで娼婦の顔を切り刻んだのだった。
保安官は馬6頭という賠償金で牧童たちを罰したのだが、娼婦たちは納得できず、自分たちでお金を出し合い、牧童たちに懸賞金をかけたのだった。
自分はもう、過去の自分とは違う・・・と、いったんは話を断るマーニーだが、結局お金のために引き受けることにしてしまう。昔の相棒ネッド(モーガン・フリーマン)を誘い、若いガンマンのあとを追い、ついに街へとはいるのだった。
(マーニー・・・せっかく人殺しを止めたのに、またやるの?やめてよ~。。。と思う。)
しかしそこにいたのは冷酷非道な保安官。この街に入るものは武器を持ってはならない。
武器を持っているものには容赦ないリンチ!!そのリンチは凄まじく非人道的だ。
(おいおい、保安官でしょうが。そこまでやるのか?街のみんなも眼を背けるほど非道だよ)
立場的には、保安官が「善」で、賞金稼ぎが「悪」だけど、誰が「善」とか、誰が「悪」とかに、囚われることができない。
たしかに、娼婦の顔を傷つけた牧童たちは酷いことをした。
でも、馬を連れてきて、酒屋の亭主に「支払い」をしたあとに、彼女に馬を差し出そうとする若い方の牧童が、どうも悪人には見えず、憎めない。心から改悛しているようだったし、また、傷つけられた当の娼婦も牧童を許したそうな顔で見つめていた。でも、娼婦たちのリーダーアリスの燃え上がった心は収まらない。
(でも、命を奪っていいということにはならないんじゃ・・)
もちろん、娼婦を人間扱いしないで、ただの「もの」のように、お金で責任をやり取りする保安官や店の主のやり方にも反感を覚える。

さて、いったい誰に共感して見ればいいのか?
誰にも共感できないし、また、そういう映画ではないんだろう。
だから、私には難しかった。

いったん足を洗って「善人」になったアウトローが、また悪の道に入るとは・・。
自分がしてきたことを悔いている様子が分かるだけに。
そして、対象の牧童が憎めない若い命だけに。

保安官の非道ぶりも、保安官がたったひとりで家を建てているのも、物書き相手に誇らしげに過去を教えているのも・・(ちなみにこの物書きソウル・ルビネック、「トゥルー・ロマンス」では、映画監督の役。雰囲気が全然違う。役者ってすごいな!と、こういうときに感じる)

物語は最初からずっともやもや感が付きまとう。
そういえば「ミスティック・リバー」も、私にとってはもやもや映画なのだった。
イーストウッド作品は「グラン・トリノ」みたいな分かりやすい映画のほうが、少ないのかもしれない。


さて、この作品はしかし、そのもやもや感が吹っ飛ぶ瞬間がある。
終盤のマーニーの大爆発だ。
ネッドの非業の死(これまた辛い・・!!)を知り、それまでかたくなに何度も断ってきた酒をあおる、その瞬間から、酒場で拳銃をぶっ放す所・・そして、街の住人を怒鳴りつけながら去っていくところまで、ハンパないカッコよさだ。
それまでのよぼよぼはわざとかと思う。豚に振り回され泥の中をはいずり、馬にバカにされて振り落とされて尻餅をつき、拳銃を撃っては外してばかり・・・そんな「ため」があったせいでギャップが大きくて、痺れるほどにカッコよくて萌えた。もやもや感が吹っ飛んでしまった。
副保安官もマーニーの背中にさえ銃口を向けられない希薄と殺気。。あ~~カッコいい!!!
無事に街を出られるか、ともかくハラハラしたけれど・・・。


ただ、最後のナレーションはいらなかったと思う。
ネッドも死なせてしまい、自分にはなんら関係ない牧童を殺したお金で幸せになったなんて、知りたくなかった。
妻の母親が訪ねたとき、その家は誰もいなかった・・・で終わったらよかった・・と思うのは私だけかな。



しかし西部劇は何にも考えずに、良いやつが悪いやつをやっつける・・ほうが、性に合ってるのかもしれない。こんな複雑なストーリーは理解できなくて・・・少々残念だった。
残念だったけど、カッコいい。カッコいいけど残念。という、どうして良いかわからない映画。。。

★★★☆



スポンサーサイト
23:26 : [映画タイトル]や行トラックバック(0)  コメント(0)

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL