スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- : スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)

【映】キャビン

B00CWXZ486キャビン [DVD]
Happinet(SB)(D) 2013-09-03

by G-Tools





少し前に劇場鑑賞した作品です。
今頃感想を書こうとしても忘れてる部分も多くてフレッシュな感想ではないんだけど・・。
夏休み、山小屋で一夜を過ごそうとキャンプ気分で出かけた大学生5人に襲い掛かる、身の毛もよだつほどの恐怖を描いた作品。


内容に触れます。未鑑賞の方ご注意です。







「新感覚ホラー」と銘打っているだけあって、今までにない斬新なストーリー展開であることは間違いないだろうと思う。純粋な「13日の金曜日」とか「悪魔のいけにえ」とか「ハロウィン」とか「スクリーム」とか「エルム街のの悪夢」とか、アレ系のホラーを期待して鑑賞すると、肩透かしを食らってしまう。
それは冒頭に登場する怪しげな近代的科学的な感じがする組織のシーンで「あれ?」と思わされるので、なんとなく「いつもの、例のヤツらとはちょっと違うようだな」と感じていた。
しかし、大学生のほうから見れば「いつものように」次々と襲われて、殺されて、一人減り二人減り・・と、「いつもの」展開だ。
最初に出てきた組織とどうつながってくるのか・・・分かってくると・・・。
「なーんだ、そんなことか」とガッカリする派と、「これは新しい!」と面白がる派に、二分されるんじゃないかと思う。正直、殺人鬼ホラーもネタが尽きて、こう来たんだな・・シチュエーションスリラーとミックスしたのか・・・と私は感じた。
感じたけれど、それなりに面白かった。
ストーリー的にテンポもよく、キャラも立っていて見ごたえがあったし(特にマーティ!)これでもか!!!とばかりに登場する「ヤツら」が結構怖がらせてくれて、ここまでしてもらったら満足しないわけにいかない・・と言う感じで、見ている間はとても面白かった。
でも、一緒に見た娘は「ガッカリ派」で、怖くなかったと言っていた。私か娘か、どっちか両極端な二分になるのじゃないかなと思う。

ただ、最後にもうひとつ意外なオチが待っていて、設定としてちょっとびっくりしたんだけど→ネタバレにつき白文字→(大学生たちが全員死ななければ古代神・・だっけ?によって世界が滅亡してしまうという・・大学生たちはそのいけにえだったのだ)そんな、そんな深刻な事態なら、このからくりの首謀者の組織で、冒頭に繰り広げられた能天気な大騒ぎ(賭けをしたり勝ったの負けたの)はなんだったんだろうか。そのバランスがイマイチ変なんじゃないかと感じた。

でも、個人的には見てよかった。
娘もマーティーがカッコよかったので満足したようだった(^^ゞ。

★★★☆

スポンサーサイト
14:41 : [映画タイトル]か行トラックバック(0)  コメント(0)

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。