【映】荒野の用心棒

B000J3OOAK荒野の用心棒 完全版 スペシャル・エディション [DVD]
セルジオ・レオーネ
ジェネオン エンタテインメント 2006-12-22

by G-Tools


スターチャンネル(キャンペーンで3ヶ月だけ加入してみたのでした)で録画鑑賞。
「夕陽のガンマン」なんかも見たけど、私は「荒野の用心棒」のほうが分かりやすい気がする。黒沢作品のリメイクなので、やっぱり日本人向きというか、日本人にも分かりやすいのか?
「用心棒」は見てないか、見たとしても覚えてないんだから比較も何も出来ないんだけど。
この映画のイーストウッドは、そんなに分かりやすい「善人」とか「正義の味方」ではない。
お金さえもらえればどっち側についてもいい・・みたいな感じで、最初は拍子抜けしてしまう。
二つのグループを対立させるあたりは姑息な悪知恵って感じだし(^_^;)。
圧倒的に強いかと言えば、中盤ボコボコにやられてしまうし。
でも、ロホに囚われている「主婦」マリソルを助けようとするあたりからは、正真正銘の正義漢として臆面もなくカッコいいですよね。惚れた女を助けるために、と書いてあるのを見たけど、あれって一目惚れでもしちゃったのか?惚れたと言うよりもほだされたと言うほうが合ってる気がする。
ラストのシーンの「あれ」は、若い人たちには「バック・トゥ・ザ・フューチャー3」でより知ってるかも?
・・・・っていうか「バック・トゥ・ザ・フューチャー」ってすでに「若」くないか(^_^;)。

しかし、この映画はなんといってもテーマ曲!!
「さすらいの口笛」、ものすごくカッコいい!しびれるんですよね!

実は私はイーストウッドのカッコよさってイマイチ分かってなくて、そんなにカッコいいとか思ってませんでした。好みじゃないって言うのが大きかったかな。私は甘いイケメンが好きだったから、こういう辛口の泥臭い男は好きになれなかった。トシを取ってきてだんだん良さが分かってきたけど、もうイーストウッドは「おじいちゃん」になっていました。(マディソン郡の橋・・あたりからかな)
いま、こうして若いときのイーストウッドを見ると、本当にカッコいいと思いますね。
ちょっと前に見た「ハートブレイク・リッジ 勝利の戦場」とか「目撃」とかね。すごくよかったです。っていうか、出演監督作品、めちゃ多いよね。


さすらいの口笛 ↓



カッコいいですよね!(●^o^●)
そして、youtubeで関連動画に「おさびしやまの歌」が!(笑)

そっか、これもマカロニウエスタンっぽいもんね。納得。
話がそれるけど、私たちが見た昔の「ムーミン」って、原作を大きくイメージ変えてあるみたいですね。
なんといってもスナフキンは「こども」だって。びっくり。
この歌声を聴いても、とても「こども」とは思えない!!
しかも「このあとは?」みたいな尻切れトンボの歌ですし・・(^_^;)
でも、私には昔のムーミンが強烈な印象で残っていて、新しいムーミンを見ることが出来ません。
・・・と。余談でした。





こんなページを見つけました。
TRE RAGAZZI D'ORO
マカロニウェスタンについて書かれたすごサイトで、「荒野の用心棒」についても詳しく書かれています。必読!
ウィキペディアのページにもいろいろトリビアが書かれてて「へぇ~!!」です。
スポンサーサイト
12:50 : [映画タイトル]か行トラックバック(0)  コメント(0)

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL