【本】コリーニ事件/フェルディナント・フォン・シーラッハ

4488010008コリーニ事件
フェルディナント・フォン・シーラッハ 酒寄 進一
東京創元社 2013-04-11

by G-Tools


この作者は「犯罪」と「罪悪」の2冊でブレイクしたらしいけど、短編嫌いの私はスルーしました。
今回社会派ミステリーと聞いたので読んでみました。

内容(「BOOK」データベースより)
2001年5月、ベルリン。67歳のイタリア人、コリーニが殺人容疑で逮捕された。被害者は大金持ちの実業家で、新米弁護士のライネンは気軽に国選弁護人を買ってでてしまう。だが、コリーニはどうしても殺害動機を話そうとしない。さらにライネンは被害者が少年時代の親友の祖父であることを知り…。公職と私情の狭間で苦悩するライネンと、被害者遺族の依頼で公訴参加代理人になり裁判に臨む辣腕弁護士マッティンガーが、法廷で繰り広げる緊迫の攻防戦。コリーニを凶行に駆りたてた秘めた想い。そして、ドイツで本当にあった驚くべき“法律の落とし穴”とは。刑事事件専門の著名な弁護士が研ぎ澄まされた筆で描く、圧巻の法廷劇。

そう分厚い本じゃない。却って「薄い」ぐらいの本だと思う。
でも描かれている内容は、とても濃い。
上記のあらすじのとおり、殺人事件があり、新米弁護士ライネンが国選弁護を買って出る。でも、殺人犯は犯行を認めはするも、動機に関しては一切しゃべらない。
偶然にも、殺された人物は主人公弁護士にゆかりのある人物だった。この辺は日本人ではありえないんだけど、読み方が国によって違うんだとかで、弁護士はそれに気づかなかったらしい。
弁護を引き受けたライネン、その子ども時代の描写がはさまれる。
なぜ主人公の過去が詳しく描かれるんだろう?無駄な描写じゃないのか?と思った。
それに、第二次世界大戦、ドイツ・・ときたら・・・物語が進むにつれわかってくる真実の一部には「よくある話ではないか」とも思った。
しかし、想像を超える真実がかくされていたのだ。驚かされた。
小説としてと言うよりも歴史の事実に驚いたと言うべきかも。
実在の人物の生涯も含めて、驚かずにいられない「法律の落とし穴」だった。
誰が法律の本を書いているって?それが現在でも裁判の指針になってるって??
信じられない思いがした。
唐突に終わってしまうラストも印象的だけど、あとがきで知る事実にまた唸らされる。
語弊があるけれど面白かった。
一気読みした。

おススメ。
スポンサーサイト
17:43 : [本・タイトル]か行トラックバック(1)  コメント(0)

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

-

管理人の承認後に表示されます

2014/11/13(木) 12:03:54 |