【映】王になった男

無題

とくに、イ・ビョンホンが好きと言うわけではないけれど、いま、韓国時代劇にハマっているので(「王女の男」→「宮廷女官チャングムの誓い」→「善徳女王」→いまは「トンイ」と「太陽を抱く月」を見ている)時代劇を劇場で見たくて出かけました。

とっても面白かった!!

やっぱり劇場で見る時代劇は迫力があったし、何よりも物語が面白い!

李氏朝鮮第15代国王(在位:1608年 - 1623年)公海君。夜ごと暗殺におびえる彼は、影武者を必要としていた。白羽の矢が立ったのは、宴会のたいこもちのハソン。王とそっくりな上に宴会芸で王を揶揄していた。
王が病気になったため、ハソンはその間、王の代役を勤める。

ありがちと言えばありがちな設定だけど、庶民(文字が読めるのである程度の階級はあったらしい)が王宮に入り、最高地位の王様として暮らすギャップ・・・たとえば、大便ひとつ自由に出来ないとか←見ているこちら側もへぇ~!!そんなことまで!!みたいな驚き・・あるいはハソンを影武者に仕立てた長官のホ・ギュンとのやりとりなど、笑えるシーンが満載。

脇役たち、そのホ・ギュン、宦官のチョ内官、毒見役のサウォル、正室の王妃(これが、今見ている「トンイ」だったので驚いた)などなど、彼らとのやり取りがとても楽しい。

★★★★☆

ここから先はネタばれです。




























ある意味天真爛漫なハソンは魅力的で、それだけでも見ていて楽しかったのだけど、たった15日間と言う間にハソンは宮廷に渦巻く権謀を知り、政治を勉強して、「それらしく」なっていく。
元が庶民なだけに、庶民の立場から政治を見る。
それはハソン自身の成長物語でもあり、大変感動的だった。最後の謁見の場で叫ぶように語る「王」としての気持ちには泣かされてしまった。
ハソンに惹かれていくホギュンやチョ内官たちの気持ちがよく伝わったし、サウォルにいたっては最後は身を挺して忠誠を守る。サウォルと護衛官の最期は涙なくして見られなかったし、彼らに対して涙を流すハソンにも泣けた。王としては、どうしてもハソンを殺さねばならなかったのか。悲しかった。
でも、最後にホギュンが・・・。
見詰め合う二人の姿にまたもや感動せずにはいられなかった。
スポンサーサイト
17:47 : [映画タイトル]あ行トラックバック(0)  コメント(6)
このコメントは管理者の承認待ちです

2013/02/21(木) 18:33:15 | - │ | [編集]

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013/02/21(木) 18:46:28 | - │ | [編集]

むうたさんコメントありがとうございました。
また遊びに来てください(*^_^*)

2013/02/22(金) 10:05:30 | short │ URL | [編集]

ねーさん、やっと観ましたよ。
全部レンタルされていたことが数週間あって、先週やっとレンタルできました。韓流のパワーはすごいね。

ビョンホン、はじめての時代劇にしてはなかなかの出来。さすが演技派。
暴君の王と、王とそっくりなひょうきんな影武者の二役、上手く演じ分けていたと思う。
前半はコミカルな話なのかなと思ったら、ラストは悲哀。
最初は突然の王の影武者でとまどったハソンも、次第に王になっていく。部下の命を大事にし、庶民と国のための王となる、王の中の王。
もし、そのまま彼が王になっていたら光海君は名君として名を遺したかもしれないけど、こればかりは歴史を変えてしまうから、やはり影武者は去るべきなのね。うん、うん、サウォルと護衛官の最期は涙なしでは見られないよね。

光海君といえば、チャングムの冒頭の時期もそうだし(子供の頃)、チ・ソン主演の「王の女」も面白かった。もしまだ未見ならオススメだよん^^

2013/12/03(火) 22:43:21 | ラム │ URL | [編集]

ごめん。
「チャングム」は燕山君でした。
失礼しました。

2013/12/04(水) 07:29:57 | ラム │ URL | [編集]

ラムちゃん、コメントありがとう~(●^o^●)
そうそう、チャングムにもそういう王様出てきたわ・・・と、一瞬思ってしまったわ(笑)
李氏朝鮮時代、いろんな王様がいるね。。
あら、「光海君」で「王の女」?
「燕山君」なら「王の男」に出てくるよ。面白いね(笑)

この「王になった男」は、アメリカ映画の「デーブ」のリメイクと言われてます。
私も「王になった男」を見たあとで「デーブ」を見たんだけど、そっくり。
でも、からりとしたコメディの「デーブ」に比べて「王の男」は深みがあると思った。
両方を見た私の母親も、断然「王の男」のほうが良いといってます。
私は「デーブ」の気軽さも大好きだったけどね。
「王の男」、劇場でグズグズと王泣きいや大泣きしてきました!!

しかし、あの「便」の話がどうにも引いてしまうわ・・・(^_^;)
トンイでも、おなかを壊したときの特効薬が・・・ってシーンがあって、うげぇ~~~~~!!!!
こういうところ、ちょっとついていけないんだよね。。



2013/12/04(水) 11:00:44 | short │ URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL