【映】ヘルプ~心がつなぐストーリー~

B0089A4SKGヘルプ~心がつなぐストーリー~ [DVD]
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社 2012-09-19

by G-Tools


<ストーリー>
作家志望のスキーターは南部の上流階級に生まれ、黒人家政婦の存在が当たり前の地域社会で育ってきた。だが、大学から戻った彼女は、白人社会で家政婦たちが置かれた立場が、もはや当たり前には思えなくなってくる。そして、身近な家政婦たちに現状に対しての想いをインタビューしようと試みるが、彼女たちにとって真実を語ることは、この南部という地域社会で生きる場所を失うことを意味していた…。
そんなある日、白人家庭に黒人専用トイレの設置を義務付けようと活動する、スキーターの女友達の家で働いていたミニーが、トイレを使用したため解雇されてしまう。誰もが口をつぐむ中、ミニーの親友のエイビリーンが勇気を出して、ついにスキーターのインタビューに応じた。
そしてその小さな一歩は数多くの勇気へと広がり、やがて彼らを取り巻く社会を根底から揺るがす大事件へと発展していく…。
Amazon紹介文

<感想>
とても心に残る物語だった。テーマの深刻さとユーモアがとてもバランスよくて、ただ重い気持ちだけでもなく茶化すこともなく訴えてくる。人間って立場が変われば差別される側にもする側にもなる。でも、その立場になって見ないと本当の気持ちは分らない。だからこういう映画や物語で想像するしかない。差別をしないスキーターやシーリアに頭が下がるとともにヒリーを憎んでしまうけど、自分はヒリーじゃないときっぱり言えないと思う。
★★★★★
スポンサーサイト
22:52 : [映画タイトル]は行トラックバック(1)  コメント(2)
すごいよかったですよね~。
私も、この時代のヒリーじゃないとは断言できません。
確かに、見てると、やな女!!!って思いますけどね。
あのヒリーの元彼と結婚した女の子いたじゃないですか。
私は、彼女がとっても好きです。
たぶんそんなに育ちがいいわけじゃないんでしょうね、だからメイドがいる家庭で育ったわけじゃないからこその、差別がない。
彼女の公平な心が、今思うと一番感動でした。
そのダンナである、つまりはヒリーの元彼ですけど、彼も素敵で、いい夫婦だなって。

なんかそこが一番よかったかも。

2013/02/04(月) 22:50:22 | じゃじゃまま │ URL | [編集]

じゃじゃままさん いらっしゃいヽ(^o^)丿 コメント有難う♪
じゃじゃままさんの高評価も「これは見なくては!!」と後押しになりました。
うんうん、わかるわかる~~。
あの夫婦がとっても良かったですよね。泣けました。
ヒリーは作品中、一手に差別する側の憎たらしさを背負ってるんだけど
私があの時代に、あの環境でいたら、多分、ほぼ、ヒリーのような考え方になってると思うんです。

とてもとてもいい映画でした。
アカデミー賞なんか取ってるんですよね。
わかる~~!!ヽ(^o^)丿

2013/02/05(火) 01:24:53 | short │ URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

《★★★★☆》 1960年代のアメリカ、ミシシッピ州。一番人種差別が激しく、最も遅れている地域。公然と人種差別の発言がされ、黒人は自分の子供を預け白人の子供を育てる。メ

2013/02/04(月) 22:44:50 | じゃじゃまま映画館