【本】64/横山秀夫

416381840564(ロクヨン)
横山 秀夫
文藝春秋 2012-10-26

by G-Tools



横山さんの本って久しぶりに読みました。
半分ほど読んでるようだけど「クライマーズハイ」と「出口のない海」が断然良かった記憶がありますが、この「64」はそれらに並ぶ名作と思います。
最初はとてもとっつきとっつきにくい感じがしたんだけど・・。

舞台はD県の県警察。
主人公の三上は、8ヶ月前に人事異動で刑事部から刑務部所属の広報に移動してきた。
不本意な人事に納得できず、「2年で刑事部に戻る」と強い意志を持っている。
三上が最初に手がけたのは、広報室の改革だった。めざすは広報室を「自治」。
しかし、三上の一人娘が家出をしてしまい、捜索に警察の力を借りた三上は牙を抜かれてしまったも同然。
事件記者との交渉も広報室の自治とは行かず、ひたすら警察上部の意向に沿ったものになってしまうのだった。
そんなとき、警察庁長官がD県に視察に来るので、段取りをつけるように言い渡される。
警察庁長官の目的は、ロクヨンの時効を一年後に控えて、ロクヨン事件の被害者家族への面会。
ロクヨンとは、14年前の昭和64年に起きた、少女誘拐・殺人事件だった。
三上はその視察訪問に疑惑を持つ。
はたして、隠された本当の目的とは・・・。


三上の娘の家出、そして無言電話。三上夫婦にとっては娘からの電話としか思えない。
時を同じくして、とある交通事故の匿名報道に揺れる広報部。上部からは匿名で推し進めるように言われるし、記者たちからは加害者名の開示を迫られるのだ。
ロクヨンの時効まで1年。被害者の父親はかたくなに心を閉ざし、警察庁長官の訪問を拒む。
ロクヨンのことを調べると出るわ出るわ、不可解なことが出てきて三上の刑事根性をくすぐる。
三上は刑事部に戻りたいけれど、一度刑務の仕事をすれば、刑事部からはスパイごとき扱いを受ける。刑務の、影の人事権を持つといわれる二渡と三上には浅からぬ因縁がある。

最初は戸惑ってしまった。
64と言う事件の真相を探るミステリー?・・・ではない。
警察内部のパワーバランスと確執を描く警察小説?・・・と言うのも違う。
娘の家出を含む三上の家庭の問題や、記者達との報道協定をめぐる激しいバトル、ともかくいろんな要素がてんこ盛りで、私には掴み所がないというか、何を軸に読めばいいのか良くわからいまま読みすすめた。

ところがところが・・・・・・。
後半。
怒涛の展開が待ち受けていた。
今まで混沌としていた世界が急に開ける感じ。

混沌が徐々に収まってくると、ひたすら興奮した。

ロクヨンを絡めた現在の事件。
ただでさえ緊迫感あふれる事件の渦中で、怒号が飛び交い嵐のようになる記者会見が余計に緊迫感を増す。
そこにかかわる記者達との攻防。そして「ウチの記者達」の気持ち。
泣かされた。
徐々に増す広報室内の連帯感、そして徐々に変わっていく三上の気持ち。
刑務と刑事の間で揺れ動きながらも自分の立場を明確にしていく部分にとても読み応えを感じた。
何もかも、目を離せない展開で、ページをめくる手が止まらない。

相変わらず会話も文体もタイトだから、すらーっと読んでしまうと意味を汲み取れない。
読み逃さないように気をつけてじっくりと読む。
ああ、そうだったのか。あれもこれも・・ここに帰結するのか、と言う驚き。
ミステリーだった。やっぱりミステリーだった。それも思いっきり重厚な。しびれた。

「事件」の真実にまた泣かされ、「犯人」の思惑に頭が下がる気持ちがした。
やがて出した三上の「結論」も感動した。

最初はとっつきにくかったし、宮部さんの「ソロモンの偽証」を抜いての1位に首をかしげたのだけれど、読み終えてみれば、読みづらいと感じた分、難所を攻略した達成感と充足感が大きかった。
余韻を引くのでまた読み返したくなる物語。
このミス1位も頷ける。

面白かった!!
スポンサーサイト
18:00 : [本・タイトル]ら行トラックバック(1)  コメント(0)

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

64(ロクヨン)横山 秀夫 文藝春秋 2012-10-25売り上げランキング : 23Amazonで詳しく見る by G-Tools 年末ベストの定番"このミス"、"文春ベスト"で1位を獲得した2012年を代表するエンターテイメ...

2013/01/14(月) 20:41:53 | されど偽りの日々