【映】悪の経典

悪の経典

原作未読だけど、見てきました。
面白かった~~♪

一見人望があるイケメンの高校教師、蓮見。生徒たちからは「ハスミン」と呼ばれて慕われている。
しかし、その実態は…という物語。

いろいろツボだった。

以下ネタばれ含みます。ご注意ください。







たとえば、伊藤英明がカッコよくてセクシーだった。
家の中ではいつも裸で、惜しげもなく裸体を晒していた。
女子高生とのキスシーンもあった。あの女の子は実際には何歳だろうか、気になった。
ちょっとオーバーアクションだなぁと思ったけどそれは蓮見の「演技」なのだ。
ライフルをぶっ放すシーンなどは本当にカッコよくセクシーで萌えた。
そのほかには、山田孝之もたいがいにしてほしい教師役だったけど、実は、セクハラはやってないのでは?と、一瞬思ったのだ。あんなにドラムが上手で、と、意外性を見せ付けられるので、セクハラじゃないよね?セクハラはあの女生徒の嘘だよね?と一瞬思う。。。。が、やっぱりやっとったんや~~っていう、あのシーンはひそかに爆笑した(^_^;)。
ほかの教師たちのキャラも立っていて面白かった。
生徒たちも印象的な子が多かった。

不謹慎なのだけど、ある意味爽快感を感じたし、ストレス発散になってしまった。
映画だから!
あんまりマジメに考えて目くじら立てちゃ面白くない。。。と思わせてくれる、なかなかにぶっ飛んだ映画だった。私は好き。とても楽しめた。
よく「バトルロワイヤル」と比較して劣ると言うコメントを見たけど、「バトロワ」のように、殺人に対する躊躇や葛藤がまるでないので、その分深みがないように感じる部分があるのかもしれないけど、私はそこが良いと思った。躊躇も葛藤もなくバンバンと人を殺す。それがハスミンの魅力だ。
あくまで映画だから!!!の話!!

原作が未読だから結末を知らなかったのもよかったと思う。
スポンサーサイト
20:19 : [映画タイトル]あ行トラックバック(0)  コメント(4)
 大島優子ちゃんが、「この映画きらい」って泣きながら飛び出したってニュースが流れてましたね。観てみたいような観たくないような、そんな感じです。
 原作も読んでないんですよね~(^_^;)
 でも、長男が6年生の時に、図書の先生におもしろいとすすめられてすでに読んでいた、という・・・。
 そういえば、「悪の教典って知ってる?」って聞かれたことがあったような気も。
 子供も知らないうちに、いろんな本読んでますね。
 でも、先生もこれをすすめるんだ、とちょっとびっくりしたりして。←親はいつまでも「まだ子供だし」って気持ちがあるから、小学生向きの本すすめてました(^_^;)

2012/11/22(木) 23:14:56 | 翔ママ │ URL | [編集]

翔ママちゃん、コメントありがとう!
私も原作未読だけど、これを小学生にすすめる先生ってちょっと信用できない。ごめんね。
大人が面白いと感じるのは全然いいと思うんだけど、それを高校生ならともかく小学生にすすめる??
許せない!と思うレベルで抗議したいぐらいです(^_^;)
もっとすすめるのにふさわしい本がたくさんあると思うので、教師としては、特に図書館の先生としては厳選すべきだと思いますね。
翔ママちゃんの感覚とても正しいと思うよ。
映画は15禁なんだよ。本も15禁でも良い、せめて12禁だと思うわ。
そういえば本に年齢規制ないよね…?

2012/11/23(金) 00:59:11 | short │ URL | [編集]

伊藤英明って良いですよねぇ。海猿にはちっとも惹かれないんですが…不作の75年組の中でほんと良いと思います。あ、安藤君も75年だし、案外イケテるのかも…我々(笑)←自分を含めるな!でも女はもっと不作です。誰もいません。


すみません、作品を見たり読んだりせずに絡んでばかりで。しょ〜とさんの感想を読むのが趣味です。

2012/11/23(金) 18:53:54 | アキ │ URL | [編集]

アキさん、コメントありがとうございます。
アキさんも英明、いいと思います?
安藤君にハマる前は(もうハマってないけど(^_^;))日本人俳優では英明がいいなぁと思ってました。
ドラマ見ないので、海猿も見たことないけど・・。
映画版は1だけきちんと、テレビで見ましたけどね。
そっか~・・・アキさんはこの人たちと同じ年齢(学年)なんですね。
お若いわぁ~。。(*^_^*)
コメントいつでも大歓迎です。嬉しいです。ありがとう(*^_^*)

アキさんは過去記事消してしまわれたの??びっくりしました。
また書いてくださいね♪

2012/11/25(日) 07:10:40 | short │ URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL