スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- : スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)

【映】最強のふたり

最強のふたり

前から見たいと思っていた「最強のふたり」が、うちの近所のシネコンにもやってきた!!
ありがとう!ワーナーマイカル!!
喜び勇んで見に行きましたが、予想通り、予想以上に面白かった!
そしてとても素晴らしかった。

交通事故で全身マヒ状態の富豪のフィリップ、介護人を募集していた。
そこへいろんな男たちが仕事を求めてやって来るんだけど、異色だったのが、このドリス。
さっさと不採用にしてほしい、三箇所で不採用通知をもらい、失業手当てをもらうのだと言う。
その突拍子のなさが逆にフィリップに気に入られ、ドリスはフィリップの介護人になる。
しかし、街のごろつきだったドリス。介護の経験もスキルも皆無。
おまけに常識知らずで、フィリップとは環境も価値観もまるで違う。
全身麻痺のフィリップに対する心遣いも全然ない。「俺なら自殺する」と言い放ってみたり、わざと熱湯を足にかけたり、電話が掛かってきたらハイと差し出す。
だけど、フィリップにはそれが心地よい。
自分を特別扱いしない。そんな介護人に出会ったのは初めてだったろう。
ふたりの気持ちが友情に変わっていったのはとても自然なことに思えた。
ほんとうに相手に対してフラットでバリアフリーな気持ちと言うのは、とても難しいと思う。
それをドリスはとても自然に行う。それは彼が正直者で率直だから。
ときにそれは残酷なことだったりするはずだけど、フィリップの鷹揚さ(他の介護人は2週間もたないらしい)がドリスを柔らかく包んでいて、二人の掛け合わせがとても良い方向に作用したのだと思った。

全身麻痺の男とスラム街から来た介護人・・・
こういうととてもお涙頂戴の物語になるような気がする。
そうなのかな?と思っていた。
でも、違う。
ふたりのちぐはぐさが妙におかしくて、笑いが絶えない。
私も何度もドリスに釣られてフィリップに釣られて大笑いしてしまった。
(特に笑ったのは、オペラとしつけ)

でも、写真のように、スピードアップした車椅子に載って心から笑うフィリップを見て、なんだか泣けてしまった。ドリスってなんてイイヤツなんだろう?フィリップじゃなくても大好きになる。
それが証拠に、フィリップの使用人たちもドリスといる時間は楽しそうなのだ。


笑って笑って泣いて…。
いい映画を観たなぁ…。

これが実話だというんだから、本当に世の中は良いものだなぁと思えてくる。
見てよかった。超オススメ!!


実話の映画で「良い物語」は「しあわせの隠れ場所」なんかもオススメ。
今回は同じぐらい感動した!

B0046VSZBAしあわせの隠れ場所 [DVD]
ワーナー・ホーム・ビデオ 2010-11-23

by G-Tools




スポンサーサイト
19:55 : [映画タイトル]さ行トラックバック(1)  コメント(4)
私もこの映画観ました~。
上質な大人の映画でしたよね!
バリアフリーな気持ちって絶対に難しくて、平等にって思ってしまう時点でどこか意識してるし、それが相手には上からと感じさせてしまうんじゃないかって、いつも思ってしまうんですよ~。

言葉は悪いですけど、無知、知らないってことがドリスの美点だったのかなと。

彼のその美点が、どんどん人々を惹きつけていったんでしょうかね。
私も使用人とドリスが一緒に楽しそうにしているシーンは大好きでした。

あと音楽もよかったと思います。

「しあわせの隠れ場所」は私も満足でした。
見る前は、なんとなく展開を予想できて敬遠してたんですけど、見てみたら思っていた以上に感動して。
アメリカ人と日本人の違いを考えましたけど。そんなことをいちいち考えたのは私だけかもしれませんが。(苦笑)

「最強のふたり」いい映画でしたね!

2012/11/23(金) 22:41:24 | じゃじゃまま │ URL | [編集]

私も感動しました。
介護において、大事なことは何か。
人間の尊厳とは何か。
知識ではなく、障害者もいち人間として付き合うことの大切さを教えられた気がしました。
シンプルなストーリーだけど、心に温まる、仏映画らしい作品でした。

2012/11/23(金) 23:35:36 | ラム │ URL | [編集]

>じゃじゃままさん
コメント、こちらにもありがとう♪
本当にいい映画だった~~。
こういうのとても好きです。
みんなにオススメしまくりたい!!
そうですね。知らないからこそ、フラットでいられたのかもしれません。
実際のドリスは黒人じゃないけど、中近東の出身みたいですよね。
アラブ系の名前だし。
大好きなシーン、誕生日のダンス。あれはさすがアフリカン、リズム感抜群!って感心したんだけど
実際はどうだったのでしょうかね(笑)
うんうん、音楽、よかったー!感想文に書き忘れました。
冒頭のピアノのBGMからして釣り込まれましたもん。
フィリップに感化されて芸術的に造詣を深めたのもよかった。
最後の「ダリの絵を飾ってるね」なんて、スカーッとしましたよ。
いやもう、何から何まで好みでした。
トラックバックありがとうヽ(^o^)丿あとでお返ししますね~♪

2012/11/25(日) 07:27:58 | short │ URL | [編集]

>ラムちゃん
こちらもコメントありがとう(*^_^*)
みなさんの高評価、めちゃくちゃ納得です!
本当に感動しました。
うんうん、そのひとをまるごと受け止める、ドリスの度量の広さというか懐の深さというか
これ、やっぱりドリスという個人の持つ魅力だったんだろうね。
こういう出会いが「奇跡」だと思うの。
最近、個人的にヒット作が(劇場鑑賞で)ないわぁと思ってたので、久しぶりに満足。
満足満足、多分今年ベスト(*^_^*)

2012/11/25(日) 07:34:14 | short │ URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

《★★★★☆》 パラグライダーの事故により首から下の感覚が麻痺してしまった大富豪のフィリップ。 失業保険目当てで働く気のないドリス。介護人の面接で、他の者はみな資格がある...

2012/11/23(金) 22:30:03 | じゃじゃまま映画館

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。