【本】白ゆき姫殺人事件/湊かなえ

4087714594白ゆき姫殺人事件
湊 かなえ
集英社 2012-07-26

by G-Tools



ヒットメーカー湊かなえさんの作品。
なにかと斬新なスタイルの小説を発表しておられるけれど、今作品もかなり斬新だった。
今の世の中、コレなしでは語れないだろうと言うツールである「ツイッター」などのネット情報、それを小説に上手に取り入れている。

事件は、白ゆきという人気化粧石鹸を発売している会社のOLが、惨殺されたもの。
美人で色白だった被害者と、勤務先の人気商品になぞらえて、白ゆき姫殺人事件と異名をとる。
犯人とその動機は何か。

というストーリーだけど、本書はほとんど「噂話」や「告げ口」で成り立っている。
だから最初はなんだか読むのもいやな感じだ。同僚が噂話で殺人事件の情報を知人に語ってるんだから。
こっちまでその噂話の仲間入りをしてる感覚になる。綺麗ごとは言わないけどあまりにも悪趣味。
しかし、そこにツイッターまがいのマンマローというコミュニティーサイトで「ネット炎上」する仕組みがあり、また、下世話な週刊誌の切り抜き記事があり、読者は犯人のヒントを与えられる。
それがなかなか斬新なアイデアだと思った。リアルである。

ネットの書き込み、知人の噂話、週刊誌の記事…どれもが真実に見えて、実は違う。
与えられた情報を鵜呑みにするべきではない。
何かと言うマスコミの情報に踊らされる私たち。匿名性があるからと思い、実際には言わないこともネットでは卑しく発言する人たち。そんな現代の私たちに厳しい警告がある作品だった。

ただ、最後に明らかになる動機と犯人は、あまり説得力がない。
こんなことであんな犯行はないだろう…と思うんだけど。
病んでたのか。。。


ラムちゃんにお借りしました。ありがとうございました(*^_^*)
スポンサーサイト
11:31 : [本・タイトル]さ行トラックバック(1)  コメント(4)
ねーさん、お久しぶり~
元気そうで何より。

白雪姫、読破したのね。
私も湊さんの「往復書簡」を読破したばかりです。

白雪姫も湊さんらしい、リアル感たっぷりの怖さがあったね。
贖罪よりはゾクッとした怖さはなかったけど、実際に起こりそうで怖い。ホラーより怖いからたまらないデス。

怖さもそうだけど、犯人捜しに夢中になってました。疑惑をかけられた人は違うのはビンゴしたけど、まさか噂を流した本人がね..でも、考えてみれば納得です。

2012/11/23(金) 23:06:48 | ラム │ URL | [編集]

ラムちゃん、ありがとう!
うんうん、読みました!
ツイッターみたいなのを利用してて、斬新だったわぁ。
ただ最初の彼女の電話の内容が、ちょっといやらしいなぁとゲンナリしたんだけど
それも後になって思えば「だからなのか!」という納得があったよ。
相変わらず湊さんはうまいね!(*^_^*)
「往復書簡」私も読みました。
今後はどんな小説を書くのかなぁ。。。。
すごいよね(*^_^*)
貸してくれてありがとう♪

2012/11/25(日) 07:21:46 | short │ URL | [編集]

shortさん、こんにちは~。
遅ればせながら読みました。「噂」や「告げ口」私はこういう手法読むたびに、貫井さんの「愚行録」を思い出してしまうんですけど、誰かがいい人だ、といえば、そういう風に見えるし、嫌な奴って悪口聞けば、そんな目で見ちゃうし、先入観って怖いし、言葉を発する人の人間性も見られちゃいますよね。

散々言われてしまった、いわば濡れ衣着せられたあのOLさんは、今後生きにくい世の中ですよね。
散々調子こいてた会社の人や同級生たちも、え~!ですけど、あのインタビューしていた記者、よくよく考えると一番嫌な奴じゃないですか?

あいつが動き回って余計ごちゃごちゃに・・・。

2013/08/13(火) 14:23:48 | じゃじゃまま │ URL | [編集]

じゃじゃままさん、こんにちは!
あついですね!!ゆでだこになってしまいますよね~(^_^;)
背筋がひやりとするこんな本は、時期的にいいかも!(笑)
毎度毎度内容を殆ど覚えてないので(^_^;)
じゃじゃままさんのコメントを拝読しながら「そうだったっけな」と
頼りなく反芻しています。
いつもちっとも覚えてなくてちゃんとお返事が出来ずに申し訳ないです(^_^;)

2013/08/18(日) 12:44:02 | short │ URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

-

管理人の承認後に表示されます

2013/08/13(火) 14:17:04 |