【映】ビー・デビル

B005EMZ8MEビー・デビル [DVD]
キングレコード 2011-10-05

by G-Tools

【STORY】
本当の悪魔は誰なのか?
ソウルの銀行に勤める独身女性ヘウォン(チ・ソンウォン)は、トラブル続きの都会生活から逃れるように、子どもの頃に暮らした思い出の島にやってくる。
そこは、たった9人の住民が暮らす絶海の孤島であった。彼女を出迎えたのは、生まれてから一度も島を離れたことがない幼なじみのキム・ボンナム(ソ・ヨンヒ)。
人なつっこい笑顔でヘウォンの帰郷を喜ぶボンナムだったが、その表情の陰には、地獄のような苦しみに耐えてきた日々があった。
昼は村の老人たちに奴隷のようにこき使われ、夜は男たちの慰み者になり、夫からの暴力も日常茶飯事。ボンナムは、ヘウォンに「ソウルへ連れていって」と
懇願するが、面倒事を避けようと島を訪れたへウォンにとって、それは単なるわがままでしかなかった。そんなある日、ついに取り返しのつかない悲劇がボンナムを襲う。
その瞬間、美しい島を地獄絵図に変える悲劇の幕が開いた・・・・。(Amazon内容紹介)

韓国発の暴力映画はとっても迫力があるので期待して観た。
たしかに面白かったけど、そこまでは・・・・と思う。
ただ、この銀行員の女がとってもイヤなカンジで、嫌い。それが製作側の目論見なら成功している。

島から出たことが無く、外の世界を知らない場合、どんな生活でもそれが当たり前だと思って受けてしまうのではないかと思う。
テレビもないし本も読まない。
たまに島の外からだんなが娼婦を呼び、妻の目前同様に娼婦を買う。
その娼婦から外の様子を聞くことぐらいが、せいぜいなんじゃないかと思うのだけど。
それだと、自分のおかれた立場の不条理さを認識できないかも知れないので、イマイチ、リアリティが薄いかな?
スポンサーサイト
11:48 : [映画タイトル]は行トラックバック(0)  コメント(0)

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL