【映】震える舌

B005JQ3GO2あの頃映画 「震える舌」 [DVD]
SHOCHIKU Co.,Ltd.(SH)(D) 2011-11-23

by G-Tools


DISCUSに新しく入荷したので見てみました。
これ、子役は大変だっただろうなぁ・・。
子どもが破傷風になった夫婦の苦しみを描くんですが、病人が子どもだから見てて辛いの何の。
1980年の映画だそうで。あの当時でも破傷風ってあったのかな?三種混合を打った長男は85年生まれなので意外。この父親もジフテリアにかかったというし。ちょっとびっくりした。
時代としてウェッジソウルの靴懐かしかった。
売店のマンガや雑誌に目を凝らしてしまった(^_^;)週刊誌の表紙明菜ちゃんかな~とか思いつつ見てしまった。
スポンサーサイト
11:15 : [映画タイトル]は行トラックバック(0)  コメント(2)
こんばんは。
私はこの映画、昔観ましたよ~。
でもまだ中学生とかそんなもんで、十朱幸代がお母さん役だったんですね。
子役の子が舌を噛んでぶるぶるしてるところが印象的だったんですけど。

破傷風ってこの映画で知りましたし、今でも破傷風って聞くと真っ先に震える舌を思い出します。

2012/10/07(日) 21:31:52 | じゃじゃまま │ URL | [編集]

じゃじゃままさんもご覧になっていますか。
私は全然知りませんでしたよ。この映画の存在を!

うちは昔から父親が「破傷風は怖い。錆びたクギなどから感染するから、錆びたクギで傷を作ったら気をつけなイカン」と、常々申していまして。
で、拙ブログ「なれのはて」に書いたのですが、「さびたナイフ」って言うマンガがあって、それを読んで「こんなに怖いんだ」と・・・それが私にとって初破傷風認識でした(笑)

当時見た人にとっては、ほんと、トラウマ映画だったでしょうね。
破傷風=震える舌 っていうひと、多いんじゃないかな~~。

2012/10/09(火) 16:48:10 | short │ URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL