【本】ナミヤ雑貨店の奇跡/東野圭吾

4041101360ナミヤ雑貨店の奇蹟
東野 圭吾
角川書店(角川グループパブリッシング) 2012-03-28

by G-Tools


東野作品、「歪笑小説」に続き「当たり!」だった。
実はなんとなく雰囲気からして、好みじゃないなぁ~と思っていた。読み始めてからも、なんとなくファンタジー??(イルマーレって言う映画を見たばかりだけど、そっくりじゃないか?)とか、またしても人情物??(そういうのは別の作家に任せておけば??)と思いながら読んでいたのだけど、読み終えた後には満足感があった!(*^_^*)

ある夜、3人の若者がおんぼろの廃墟で一晩を過ごすことになった。この3人はなにやらいわくありげの様子だ。
その3人が偶然見つけてあったこの雑貨屋の廃墟に入り込み、夜を過ごそうとしているのだが、そこへ一通の悩み相談の手紙が舞い込んでくる。
なぜ?
まったく分からぬままに、相談に対して返事を書く3人。
するとまたその返事が返ってくる。
ますます分からないまま、またその返事を・・・。
そうして、3人に分かってきたことは、この悩み相談は「過去」からやってきたものだと言うこと。
このナミヤ雑貨店はどうかして、過去と現在がつながってるようだと知れる。

悩み相談はその後も続くのだけど、視点を相談者のほうに変えることで、どうやってこの雑貨店が悩み相談所になったか、今のような方法が取られるようになったか、そして相談者の悩みを通して彼らの立場や人生が分かってくる。
不思議なことに、悩み相談を重ねているうちに、ひとつの事実に突き当たる。
それは、どの相談者もあることに関係していると言うことだ。
偶然にしては出来すぎていると思いながら「またこの人も○○○の人か・・・・都合が良すぎじゃね?」なんて思いながら読んでいたんだけど、実は・・・。

すべてのことが最終章に向けて徐々に明らかになって行き、「もしかして!」とひらめきながら読む読む読む。
読み終えたときには「なるほど~♪」と、何もかも腑に落ちる設定になってた。なかなかスマートで、気の利いた物語。これはさすが、東野さんだ~~と嬉しくなる(*^_^*)。
やっぱり「白夜行」「幻夜」なみの、超ド級のおもしろいミステリーを所望したいけど、これはこれで深く満足させえてもらった。
(でも、イルマーレのほかにバック・トゥ・ザ・フューチャーも入ってるよね?)
スポンサーサイト
16:58 : [本・タイトル]な行トラックバック(2)  コメント(4)
ねーさん、れびゅー拝見しました。
おっ、ビンゴしましたね^^
私は「時生」と比べてしまったので、ねーさんがビンゴしてもらえて、本も喜んでいる^^
確かにバック・トゥ・ザ・フューチャー入っていたかも。
古きよき時代はいいよね。
昭和の時代がしみじみと時が流れていくようでした。

私も東野氏には「白夜行」「幻夜」なみの、超ド級のおもしろいミステリーを期待したいです。

2012/07/18(水) 20:23:19 | ラム │ URL | [編集]

らむちゃん コメントありがとう(^o^)丿
本、面白かったよ~。
そっか、トキオっていうのがあったね。
私読んでないんだよね。
多分、当時「東野圭吾のファンタジー」ってことで敬遠したんだと思う。
ほら、浅田○郎の「地下鉄に乗って」とか、私苦手だし・・・・(^_^;)
ああいう、タイムトラベル系の人情ファンタジーって嫌いなのよね。
でも、「ナミヤ」は割と良かったよ~~
やっぱ、ひとつにつながってたのが手腕だったと思う。
タイムトラベル物ってことで
グリムウッドの「リプレイ」が読み返したくなっている今日この頃ですよ。

2012/07/22(日) 10:36:29 | short │ URL | [編集]

shortさんは楽しめたんですね~。
私は、それを言っちゃおしまいよ、ですが、最初の悩み事が、古臭いっていうかなんじゃそれ?って思ってしまい、それをあの若造がこれまたなんじゃそれ?って回答して、ちょっと引いてしまいました。

でも徐々になんか繋がってるの?って気付くと、最後が知りたくて読んでしまいました。
夜逃げの一家の話と、あの雑貨屋家族の章は好きでしたね~。
ああ、あのミュージシャン志望のお父さんと息子のやり取りも泣いちゃいましたけどね。

一夜限りの復活をおじいさんはどうして確信してたのか、あれ?って思いましたけど、そこはスルーされてました?

2012/11/23(金) 22:28:08 | じゃじゃまま │ URL | [編集]

じゃじゃままさん、いらっしゃいませ~(*^_^*)
ナミヤ・・読まれたんですね。
確かこれは面白く読めたと思いますよ。
このあとに「トキオ」読んだのですがそれはイマイチに感じました。
じゃじゃままさんは、ナミヤもイマイチだったんですね~。

なんせもう4ヶ月前に読んだので、実は内容をあんまり覚えてないんですよ(^_^;)

>一夜限りの復活をおじいさんはどうして確信してたのか、あれ?って思いましたけど、そこはスルーされてました?

いやもう、まったく記憶にないです。わはは。申し訳ないです(^^ゞ

2012/11/25(日) 07:16:50 | short │ URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

《★★★》 空き巣に入った三人組が逃げ込んだ空き家。そこに投げ込まれた悩み事の手紙。 面白がって返信するとまた返事が返ってきた。 その空き家は、かつて悩み事を解決してくれ

2012/11/23(金) 22:24:02 | じゃじゃままブックレビュー

-

管理人の承認後に表示されます

2017/11/10(金) 06:54:28 |