【映】69 sixty nine

B0002UA3M869 sixty nine [DVD]
村上龍
東映 2004-12-21

by G-Tools


安藤政信くんフェア、第6弾・・かな。
2004年の青春映画。原作は村上龍さんです。

自伝的物語なのでしょう。


あらすじ(ウィキペディアより

ベトナム戦争と学生運動に揺れた1969年、基地の町・佐世保の高校に通う、高校三年生の矢崎剣介<あだ名はケン>(妻夫木聡)がいた。彼は退屈とレールに敷かれた人生を何よりも嫌う自分を含めた生徒達を管理の檻に押し込めようとする教師達に反抗するため(本当は同級生のマドンナ、「レディ・ジェーン」こと松井和子(太田莉菜)の気を惹くため)に、親友の「アダマ」こと山田正(安藤政信)らと共に映画・演劇・ロックがごちゃ混ぜになった一大フェスティバルの開催を企画する。人生は楽しんだ者勝ちというモットーの具体的意義もあったが、“レディ・ジェーン”松井和子を主演女優に据えれば自分は主演俳優兼監督として堂々と彼女とイチャつけるという煩悩に塗れた野望もあった。更には彼女の発した「デモやらバリケードやらする人の気持ち、分かるような気がする」という言葉を勝手に脳内妄想で肥大化させ、「デモやらバリケードやらする人大好き」という彼女の理想(本当は違う)を叶えるために、校内の全共闘を言いくるめて学校をバリケード封鎖する事に決めたのだが、話はどんどん膨れ上がり、テレビ局や報道陣まで出動する騒ぎになる。


見ているときは、あれよあれよと怒涛のごとく主人公たちの行動が進んでいくので、あれ?なんでバリケード封鎖までしたんだっけ?みたいなところもあったけど、テンポも良くて愉快で(一部非常に不愉快なところがあった)とても楽しめた。
なんと言っても安藤政信君の佐世保弁。妻夫木演じるケンにも
「お前は喋らないほうがいいね」
と言わしめた(笑)。
でも、そのギャップが見てるほうは面白いよね。
若いうちはバカなことにも一生懸命で、がむしゃらで、思い立ったら途中で止められないというか、そんな青さが充分出ていて、ちょっと恥ずかしいような、でもほほえましいような、そんな気持ちで見た。

69年って言う雰囲気が出てるかというと、妻夫木くんはカッコよくって現代風だし、安藤政信くんも言うに及ばず。
昔の高校生って言う感じがしなかったので(もっとダサいよね?)、69年って言うのも、とってつけたような感じがしたかも。
でも、カッコもよくない主人公たちが演じても、見てる分の楽しみが減るから、やっぱりそこはカッコいい子達の青春物語で正解なんだと思う。不細工くんたちがあんなことやってたら、ひたすらイタくて目も当てられないでしょ・・・(^_^;)

とにかく、目当ては安藤くんだったから、充分楽しめました!
安藤くん、すらっとして足が長くてカッコいい~。6年前だから30歳過ぎての高校生役??(笑)
ちょっと高校生にしては大人っぽいですね(笑)
妻夫木くんは当時24歳か?充分高校生に見えます。

柴田恭平さんが、主人公ケンの父親役ですが、これがカッコいいお父さんで!
親子関係がとってもいいんですよ。
さすがの存在感でした。
他にも加瀬亮、井川遥、水川あさみ、桐谷健太などなど、豪華キャストです。
スポンサーサイト
15:34 : [映画タイトル]英数トラックバック(0)  コメント(0)

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL