スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- : スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)

【映】ファミリーツリー

ファミリーツリーチラシ

「ハワイに暮らしていても 人生は<楽>じゃない!」
キャッチコピーの通り、ハワイでのんびり楽しく暮らしているように見えても、主人公マット・キングの一家は難問を抱えている。
妻がボートレースの事故にあい、昏睡状態になってしまったのだ。
仕事仕事で家庭を顧みず、妻とは没交渉だったマットは、妻が目覚めたらきっと良い夫、良い父親になると誓う。
しかし、長女のアレックスは思いもかけなかったことをマットに伝える。
妻が浮気をしていたと・・・。

土地の売却(先祖がハメハメハ大王の直系だったので、広大な土地をカウアイ島に持っているが、法律によればあと7年で信託期限が切れるということ)それに伴う親族会議なども、大きな懸念。

なんだか、あれもこれも一気に降りかかってきて気の毒なお父さんだった。
良かれと思って質素に暮らしてきたし、そのため仕事もがんばったのだけど、それが裏目に出たと言うか・・。
妻の父親に「金持ちなのに渋い生活を強要したから、娘は自分で稼ぐハメに、それがボートであり、ボートも自分のものを買えなかったから・・金持ちなんだからボートぐらい買ってやればよかったのに・・娘はお前のせいで苦しい生活をして、挙句こんな目に合った」みたいに責められるシーンがある。浮気も、自分のせい??
良かれと思ってしてきたことも、結果次第で責められたり・・・。

と言うように、とても重苦しく悲しい話なのだけど、とにかく、明るくて開放的で、どこまでも美しいハワイの風景、そして、バックにはのんびりまったりしたハワイアンミュージックが流れ、重苦しさが深刻に伝わってこなかったような・・。
妻の事故がきっかけで、父親とふたりの娘が寄り添い、妻の浮気が許せないと言う点で父と娘は結託する。
と言うことは、死に行く妻の置き土産だったのでは・・とは、うがちすぎだとは思うけど、結果を見たら思ってしまった。

長女がすごく美人で可愛くて、気性もよくて好き。
なんであんな彼氏?と思ったけど、だんだんと良く見えてきた、あの彼氏(笑)。

頑固ジジイの妻の父親が、死んでいこうとする娘に抱擁するシーンと、末っ子が、母親の死を認識する場面はやっぱり泣けた。


スポンサーサイト
16:23 : [映画タイトル]は行トラックバック(0)  コメント(0)

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。