【本】望遠ニッポン見聞録/ヤマザキマリ

4344021509望遠ニッポン見聞録
ヤマザキマリ
幻冬舎 2012-03-09

by G-Tools


「テルマエロマエ」が、原作漫画も映画も大ヒットのヤマザキマリさんのエッセイ。
なかなか特異な経歴の持ち主でいらっしゃるなぁ・・・と、「テルマエロマエ」以外のエッセイ漫画を読んだときに思っていたのだけど、やっぱりごく普通に高校へ行って大学へ行ってお勤めして・・みたいな経歴ではない。
17歳にしてお母さんから「油絵をやりたいなら日本を出て海外へ行きなさい」と言われたよう。「日本だけが世界じゃないから」と言うのがお母さんの口癖だったそう。
自分の立場だったら、子どもに「高校だけは卒業して!」と言いこそすれ、「高校なんて行ってないで海外へ行きなさい」なんてことは言えない。すごいお母さんだと思う。
マリさんはそういう、ちょっと「普通」とは違うご家庭で教育を受けられたみたい。こういう言い方が正しいかどうか自信がないですが・・・(^_^;)。
で、それ以後ずっと、基本的に海外で暮らしていらっしゃるようだ。
その辺のエピソードは、著作の「世界の果てでも漫画描き」などに詳しいので、興味のある方はぜひともお読みください。
さて、海外で暮らしている著者が、日本を客観的に見つめて書いたのがこのエッセイ。「テルマエロマエ」はこうして生まれた!見たいな部分もあって大変面白いエッセイである。
印象に残っているのはトイレについて書かれた章。
著者が漫画のための取材で、水周り関係の会社のショールームに行ったとき、最新のトイレに驚愕したとあるが、これはまさしく、「テルマエロマエ」のルシウスの感じた驚愕にほぼ近かったんだろうなぁ・・・と思う。
日本のトイレって言うのは、昔はお化けが出てきそうな「ぼっとん便所」だった。
かく言う私も昔のトイレにはトラウマさえあるほど、あまり良い思いでもなく・・・トイレに落ちたとか、そんな強烈な体験はないんだけど、それでもやっぱり思い出したくもない・・。ウチのトイレが洋式の水洗トイレに変わったとき、どんなに嬉しかったか!!。
著者がそのあたりを端的に表現しているこの章では、まさにそうだそうだとうなりながら読んだものだ。
そのほか、ビールのこと、CMのこと、子どもが遊ぶカードゲームのこと(著者は子どもさんに自作カードで遊ばせたとか)それぞれふむふむと、こちらも日本を客観的に見ながら読むことが出来る面白エッセイだった。
つくづく、漫画家さんは絵も上手くなければいけないけど文章もまた上手いなぁ・・と思ったしだい。
歯並び・・・私もコンプレックスですよ・・・(^_^;)


スポンサーサイト
14:34 : [本・タイトル]は行トラックバック(0)  コメント(2)
昔のトイレねえ、懐かしいです。たいてい、玄関の近くにトイレがあって、前にこんもりヤツデかなんかが植えてあって、夜、トイレというかお便所の小窓から、誰かがのぞいていそうで怖かった。今のトイレは、明るくて、落ち着きます。ほっと一人になれる場所かなあ。

歯並びは、私も、大コンプレックスです。子供たちは二人とも矯正しました。

2012/06/02(土) 14:22:52 | くまま │ URL | [編集]

おねいさま、ウチのトイレは、窓から人が覗くと言うよりも
この本にも書いてありましたが、トイレの中から誰かが覗いてそうな・・・
ぎゃーー!!怖い!!
私は今は霊的なことには、何も怖いものはありませんが、子どものころはさすがに怖かったんです。
幼児体験はやっぱり大きいですね。
>今のトイレは、明るくて、落ち着きます。ほっと一人になれる場所かなあ。
清潔で明るいトイレが本当に心底嬉しいです。
今の子たちにはこの気持ちわからないでしょうね~。

歯・・そうでしたか?全然そんなことなかったでしょう。覚えてませんもの。
私は・・書くのもはばかられるほど酷い有様です(^_^;)
矯正がもっと安くて出来たらいいのに。今さらですけどね。
インプラントも怖いものですね。お金ないからやりませんけど(笑)
おふたりの矯正、大変でしたでしょう。
でも何物にも変えがたいです。
ウチは子どもたちはありがたいことに、歯並びだけはいいのです。
本当にありがたいです。

2012/06/02(土) 16:02:27 | short │ URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL