【本】アイ・コレクター/セバスチャン・フィツェック

4150018588アイ・コレクター (ハヤカワ・ミステリ 1858)
セバスチャン・フィツェック 小津 薫
早川書房 2012-04-06

by G-Tools


内容(「BOOK」データベースより)
ベルリンを震撼させる連続殺人事件。その手口は共通していた。子供を誘拐して母親を殺し、設定した制限時間内に父親が探し出せなければその子供を殺す、というものだ。殺された子供が左目を抉り取られていたことから、犯人は“目の収集人”と呼ばれた。元ベルリン警察の交渉人で、今は新聞記者として活躍するツォルバッハは事件を追うが、犯人の罠にはまり、容疑者にされてしまう。特異な能力を持つ盲目の女性の協力を得て調査を進める彼の前に、やがて想像を絶する真相が!様々な仕掛けを駆使して描く驚愕の傑作。



正直に言うと、読むのに手間取ったし、あんまり釣り込まれなかった。
面白い内容だとは思ったけど・・・。
主人公は警察官としての過去において、ある犯人を撃ち殺していて、そのトラウマに苦しんでいる。
人物造形としてすごく興味深かった。
上記の内容(「BOOK」データベースより)に書かれている「犯人の罠にはまり容疑者とされる」と言うくだりは、実はネタばれじゃないかと思います。だって、この主人公もどう考えても「怪しい」んですよ。
実はコイツがトラウマによる二重人格かなんかで、自分の犯行を覚えてないんじゃないの?なんて最後まで思ってた私。
で、突然現れた盲目の女性が、「不思議な能力」を持っていて、にわかには信じがたい能力なので、これまた「怪しい」です。彼女の言ってることは本当かうそか。
で、結局彼女の能力に大いに助けられて、埋められた子どもを救いに行くと言う・・。
私は不思議能力に助けられず、自分の推理と機動力で子どもを救って欲しかったな~・・・。
そんなこともあり、結構評判の良い本だけど、私にはイマイチ。

こういうのを読むと、ほんと、私って翻訳モノ苦手・・と思います・・・。

スポンサーサイト
11:29 : [本・タイトル]あ行トラックバック(1)  コメント(0)

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

-

管理人の承認後に表示されます

2012/05/12(土) 00:23:04 |