【映】ブラック&ホワイト

B&H


内容をよく知らずに見たので、かなり拍子抜けしてしまった。
雰囲気やイメージと、冒頭の激しいアクション、ハードボイルドな展開から、そういう映画だと思ってしまったので・・・。
そしたら、なんと、二人のCIAエージェントが、偶然にも同じ女性に恋をしてしまい、どちらがかのじょをゲットできるか・・という、ラブロマンス・・・というか、CIAなので、彼女の身辺調査はお手の物。衛星を使って調べたり、国家サイズで身辺調査しちゃう・・というコメディもいいところ。
こんな馬鹿らしい話だったのか・・・と、かなりガッカリしたというのが本音。

でも!!

(我慢して)見続けていたら次第にハマってしまった(^^ゞ
だって、もう、「職権乱用」もここまで来ると笑える。笑うしかない!
二人の男がもう、ド真剣な表情でCIA局員を巻き込んで、彼女を調べたり・・・あるいは悩んだりする姿がおかしくておかしくて。。。

極めつけは、クリス・パイン演じるFDRがロマンティックの極みの、「とある」ラブストーリーを家で見てたシーンでは、お腹がよじれてしまった。(実際に映画を見た人、分かりますよね??「とある」映画)

難を言えば、私にはそれほど彼女がいい女に見えなくて、あんなイケメンで実力もある二人が、命がけで取り合うほどの・・?なんて思ってしまった。。ごめん、リーズ。
でも、彼女は私生活を覗かれまくり。私だったら絶対にそんな相手と恋人にならない!!と憤慨するけど(そもそもタックの刺青にどん引きした私)、私生活なんて覗かれた日にゃ、向こうが絶対に引いてしまうだろう、それを思うと覗かれてもなお、魅力的な彼女はやっぱり「いい女」なのだろうね・・・(^^ゞ

それと、ティル・シュヴァイガーは、もうちょっと活躍してもらいたかったかな。

でもまぁ収まりもよかったし面白い映画でした!
見てよかったわ(*^_^*)

★★★★
スポンサーサイト
15:56 : [映画タイトル]は行トラックバック(0)  コメント(0)

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL