【映】タイタニック 3D

タイタニック1

タイタニック2

15年前当時、劇場で3度見た大好きな映画。今回も2度見てきました~(*^_^*)
テレビ上映もされて、もちろんビデオでも見て、覚えるほど見た映画ですが、やはり大画面の迫力は違いますね。
平面だった画面が立体的になっていて、その技術にも驚いたけど、正直言って私は3Dでも2Dでもどっちでもいいと思った。
この映画をもう一度映画館で見られる、それが嬉しかったです。
本当に何度見てもすばらしい映画と思います。大好き。

輝くような美しいレオくん、若くて可愛くてすばらしいです。
今ももちろんレオくんのファンですが、もう「くん」付けで呼べないような貫禄が・・・。
トシを取ってくれるなとはいわないけど、美しく老いてほしいと思うのはわがままでしょうか(^_^;)。

個人的に好きなシーンは、タキシードを来たジャックが、階段のしたでローズを迎えるシーンと、やっぱり階段の、今度は踊場でローズを待っているシーン。
これはやっぱり映画のキモのひとつでしょうね。だってラストが・・。
このラストが何度見ても泣けるのです。
それと、ローズにいったん振られたジャックが船首で落ち込んでて、そこにローズがやってきて愛が実るときの、ジャックの笑顔がたまらなく可愛いです。
スケッチのときも「ベッドに・・」って言い間違えたりね(*^_^*)

色んな不運が重なってしまってタイタニックは沈没してしまうけど、助けに戻ったたった一艘のボートを漕いでいた乗組員さんが素敵。(あのひとはファンタスティックフォーの人ですよね。)
浮沈のモリーは「助けに行きましょう」って言うけど、みんな拒否。
だけど、私だってあの場にいたら自分が沈むのが怖くて、行けないかも・・・。

最後まで演奏していた楽団の人たち、最後まで石炭を燃やして電気を供給していたボイラーマンたち。
彼らの姿には本当に胸が熱くなります。(今度の震災とかぶる部分もあります)
パニックを描くスペクタクル映画でありつつも、極限のなかでも、お互いが思いあう姿や、人が人のために出来うることを全うする人間愛が描かれているヒューマンドラマでもあります。

よく考えてみると、ローズはせっかくボートに乗ったのに、わざわざ降りてしまい、そのせいでジャックが死んでしまったと言えなくもない・・・。だからあの設定は、後々になってみれば感動どころか、少しイラっとするなぁ・・・と思ったこともある。
けど、パンフレットに書いてあるけど、実際にそういう夫婦がいたんだそうです。そしてそのまま死んでしまったらしい。
映画の中にも登場する夫婦ですけどね・・。
だからローズとジャックのことも納得できるようになりました。

今回のパンフレットも買いましたが、写真が増えていてキレイで、やっぱりいいです。

タイタニック3


スポンサーサイト
23:50 : [映画タイトル]た行トラックバック(0)  コメント(2)
ねーさん、「タイタニック」の3D、観たんですね。
15年前当時、私も映画を観ました。その後、ビデオで5回くらい、TVでも何度か観ました。そのせいか、内容がわかっているので、3Dはスルーしました。

れびゅ~を読んで、ねーさんの熱い思いが伝わりました。3Dの方が迫力があり、船首のふたりのラブシーンの映像や、タイタニックが沈没するシーンは3Dの方がリアルでドラマチックだったことなどが想像できます。

この前もTVで観ましたが、確かにレオくん、昔は美しい少年でした。でも、今ではすっかりワイルドになって、それはそれで素敵だけど、ほんと、昔のままがいいかも。

つっこみのシーンはね..何度見ても同じことを思うけど、ふたりは死ぬまで一緒にいたかったでしょうね。ホント、何度観てもドラマチックです。

2012/04/25(水) 20:28:00 | ラム │ URL | [編集]

ラムちゃん(*^_^*)
ラムちゃんに以前いただいたポストカードは、壁に貼ってあります。
ポスターは破れちゃったの、ごめんね(T_T)

この映画は大画面で見てこその映画だと思うよ~。
私も暗記するほど見たけど、それでも、感動ひとしおだったのよ!
レオくんの可愛いことと言ったら~!
悶絶モノだったわよ。
今はサントラ、一生懸命聴いています(笑)
ラムちゃんはサントラ、持ってる?
持っていたら貸していただけませんか??
私のサントラは、tunesでDLしたもんだから、全曲じゃないのですよ。

ふたりは死ぬまで一緒に・・・
そういうカップル(夫婦)本当にタイタニックの乗客にいたんだって。
奥さんはいったんボートに乗ったけど、夫の下へと、船に戻ったそうですよ。
そして二人とも死んだそうな。
昔のパンフレットに載っていました。
だから、ローズの話も、リアリティ感じてもいいんだなって。

でも、生き残って欲しかったよね、ジャックに!

2012/04/28(土) 13:29:52 | short │ URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL