バスジャック/三崎亜記

4087747867バスジャック
三崎 亜記
集英社 2005-11-26

by G-Tools


三崎さんははじめて読みました。
すごく独特な発想をする作家さんですね!
その発想のおもしろさというか斬新さにビックリしました。
ちょっとでも、昔に読んだ筒井康隆の「おれに関する噂」とかを思い出しました。全然違うかもしれないけど、ありえない話なのに、日常に溶け込んでる感じが、そして主人公だけが違和感を抱いてるというところで、似てると思ったのだと思う。

表題作「バスジャック」のほかに
●二階扉をつけてください
●しあわせな光
●二人の記憶
●雨降る夜に
●動物園
●送りの夏
が収録されてます。

とくによかったのが「しあわせな光」と「二人の記憶」「雨降る夜に」の3本。どれも、すごく短い短編なのだけど、意外な発想とすとんと落ちるようなオチが効いていて読み応えがあり、インパクトが強かったです。
「二階扉」も、不思議な魅力があったなー。ちょっとぞっとするオチは、よく出来たショートショートを読んだときの衝撃に似た感じを受けました。うまい!と、唸りたくなるような読後感でした。

あさみさんにお借りしました。ありがとうございました♪
スポンサーサイト
14:13 : [本・タイトル]は行トラックバック(0)  コメント(0)

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL