【映】シルミド

B0001X9D4Uシルミド / SILMIDO [DVD]
アミューズソフトエンタテインメント 2004-10-22

by G-Tools


監督 カン・ウソク
出演 アン・ソンギ(チェ・ジェヒョン(韓国空軍准尉))
ソル・ギョング(カン・インチャン(684部隊第3班長))
ホ・ジュノ(チョ(韓国空軍兵))
チョン・ジェヨン(ハン・サンピル(684部隊第1班長))
イム・ウォニ(-)


韓国で近年(1971年)本当にあった話のようです。
北朝鮮から韓国大統領の暗殺集団が派遣され、すんでのところで阻止した韓国側は、逆に北朝鮮の主席を暗殺するべく、精鋭部隊を組織する。そのメンバーは凶悪殺人などで死刑になった人物たち。社会的に抹殺された人間に、「キムイルソン主席暗殺が成功すれば、恩赦と報酬が与えられる」という甘言を用いて、半ば強制的にシルミ島へつれて来て、684部隊として厳しい訓練を施す。
しかし、3年後に684部隊が完成されたころ、政情は激変していて、キムイルソン暗殺の計画はなくなっていた。
そして、684部隊は政府により抹殺の命令が下されたのだった。

ごろつきどもの寄り集まり、それが厳しい訓練を受けていく間に、連帯感も生まれ、訓練によって精鋭となっていく過程は、見ごたえがありました。応援しながら見てしまった。
それが一転、暗殺計画がなくなると国のお荷物に・・・。
国に翻弄された31人が哀れです。
抹殺しろと言う国の命令に、彼らに訓練を施した指導兵たちも動揺する。
そりゃそうです。彼らともまた親密になっていたのですから。
しかし、殺るか、殺られるか・・・そのどちらかしかないとなったら?
昨日まで、信頼しあっていた「仲間」が殺しあう。
そんなことがあってもいいのか?
ものすごく辛い映画でした。




が、、、
この映画「史実」と思って見たのですが、実は史実は映画とはかなり違うようですね。
こんなブログを見つけたので。

やっぱり真実と映画は違うものなのかな・・。
私は娯楽作品だから事実を変えてもいいと割り切って楽しむことは出来ません。
スポンサーサイト
11:34 : [映画タイトル]さ行トラックバック(0)  コメント(2)
懐かしい~!!!
シミルドは映画観とDVDで観ました。
2度とも泣きました。
いくら時代の流れとはいえ、彼らは時代の犠牲者と思うと本当に哀れです。

「ガン&トークス」では2枚目のチョン・ジェヨンがワイルドになっていたのには驚きました。

2012/04/14(土) 10:33:46 | ラム │ URL | [編集]

名作の呼び声高いこの作品、やっと見ることが出来ました。
映画としてはホント面白かった~。

チョン・ジョエンもいいんだけど、ソル・ギョングに興味がわいて。
気になる韓国俳優が増えていくわ~~。
でも、愛しているのはビンくんだよ♥(笑)

2012/04/14(土) 21:39:46 | short │ URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL