【映】百万円と苦虫女

B001IKYRGE百万円と苦虫女 [DVD]
ポニーキャニオン 2009-01-30

by G-Tools


監督 タナダユキ
出演 蒼井優(佐藤鈴子)
森山未來(中島亮平)
ピエール瀧(藤井春夫)
竹財輝之助(ユウキ)
齋藤隆成(佐藤拓也)
笹野高史(白石)

あることで刑事告訴されて「前科もち」になった鈴子は、実家を出て一人暮らしをはじめる。
そして、100万円ためて、たまったらその町を出て新しい住処を探すことにする。
行く先々で、いい人悪い人に知り合ったり、何かに巻き込まれたりしながら、やがて自分と向き合うようになるまでを描く。

設定がユニークだなぁとおもう。
なんとなくそういう生活もあこがれる。
誰も自分を知らない場所へ行き、新しい生活を一から始める。
根無し草のような生活だけど、私は逆にそういう生活にあこがれる気持ちはある。
実行するつもりも勇気もないけど。
年の離れた弟とのやりとりがすごくよかった。
弟、自分の受験の妨げになるとかなんとか、姉をこっぴどくののしったりもするけど、結局姉が好きで尊敬している。
二人が手をつないで歩くシーンは目頭が熱くなったし、姉を頼って手紙を書いてきた内容に感動して泣けた。
で、森山未來くんの演じるホームセンターのバイト生。
彼が大変よかったです。
腕をガシっとつかんで・・・あのシーンはきゅんきゅんした。
彼が鈴子にお金の無心をするのは・・・理由は見てるほうには分かるんだけど、とうの鈴子には分からないのかなぁ。
もどかしかった。
若い人たちの恋愛なので、次の出会いもあるだろうから、この恋愛に固執することでもないのかな?
と思ったけど、やっぱり私はこういうラストは苦手。
どうして言わないの~!!どうして分からないの~!と哀しくて寂しかった。
鈴子の明るい顔だけが、まぁ慰めと言えば言えるかな。
でも、決意の割りに、この町を出て新しい町に行くと言う「今までの行動」と同じなのはどうなの?と思った。

冒頭の女友達とその彼氏はいただけませんでした・・・・。
(でもそれがなかったら話になってない)


★★★☆
スポンサーサイト
11:13 : [映画タイトル]は行トラックバック(1)  コメント(0)

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

-

管理人の承認後に表示されます

2012/05/17(木) 17:02:19 |