【本】モンスターU子の嘘/越智月子

4093863202モンスターU子の嘘
越智 月子
小学館 2012-01-25

by G-Tools


一気に読みました。
賭博の罪で刑務所に入ったU子=詩子。
彼女に入れあげて体を壊して死んでしまった親友のために、詩子に近づくフリーライターの蒲田は、詩子を知れば知るほど真実が分からなくなり翻弄されてしまいます。
それは蒲田だけではなく、刑務所で同室になった幸恵も同じ。
詩子はどこにいても独特の雰囲気で人をひきつけてしまい、刑務所の中においても女王然と構えているのです。
蒲田が調べる詩子の過去、刑務所の中で幸恵が聞かされる詩子の過去・・・。
いったい詩子の真の正体は?
・・・・と言う感じの物語だけど、物語の中で幸恵や蒲田が詩子に翻弄され、反発心を抱きつつも、女郎蜘蛛に絡めとられた獲物のように身動きが出来なくなるように、読者も同じように翻弄されてしまいます。
詩子の本当の姿は?
詩子の本当の過去は?
知りたいことが煙に巻かれてさっぱり分からない。
物語り全体が「嘘」なのか・・・・。
私としては、この物語の「前後」の話が知りたかった。
これまで詩子がどんな風に生きてきて、どんな罪を重ねてきたのか。
そして、これから詩子がどう生きていくのか、また、蒲田や幸恵、そして死んでしまった蒲田の親友の妻はどう関わっていくのか。それこそが知りたくて、読後感はちょっと中途半端だったかもしれません。

スポンサーサイト
13:19 : [本・タイトル]ま行トラックバック(0)  コメント(2)
第2段に乞うご期待を!

2012/03/23(金) 00:40:19 | 音子 │ URL | [編集]

音子さん・・・いらしてくださりありがとうございます。
第2弾、あるのですか?
そうこなくっちゃ!!ですよね。
ひょっとして第2弾は音子さんが主人公なんですか?
出版されるのを楽しみにしています。
今度はブログでべた褒めさせてくださいね。

2012/03/23(金) 10:29:02 | short │ URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL