【映】哀しき獣 THE YELLOW SEE

哀しき獣


上映期間がすごく少なかったので、滑り込みで見てきました。
よかったぁ…見られて。
多分家でテレビ画面で見ても面白いと思うけど、映画館のスクリーンでよりいっそうの緊迫感を味わえました。

原題は「黄海」。中国と朝鮮半島の間にある海のこと。
主人公のグナムは中国延辺朝鮮族自治州でタクシー運転手をしています。
この中国延辺朝鮮族自治州っていうのを、そもそもはじめて知りました。
彼らは不法入国で韓国に渡り、出稼ぎをしているらしいです。
グナムの妻もそのように韓国に出稼ぎに・・・。そして音信が途絶えてしまいます。
その際に作った借金が返せず、マージャンですっからかんになってしまったグナム。
ミョンという人物に、借金の肩代わりに、韓国での殺人を請け負わされてしまう。
妻を捜すためにも韓国へ渡ったグナム。黄海を渡り・・・。
そして彼に、思いもしない出来事が降りかかるのです。。。。

今回ストーリーと言うか登場人物が入り乱れて、すこし混乱してしまいました。
ともかく、キム・スンヒョン、キム・テウォン、そうしてもうひとりキム氏が出てきて・・キムさんが多い。
誰が何の目的で、キム氏を殺したのか、また殺そうとしたのか、そしてまたグナムも命を狙われるのだけど、誰がなぜグナムも殺そうとするのか…イマイチよく分からない部分がありました。
それらはラストには明らかになるんだけど、どうもさらーっとしていて「え?もう一度言ってください」っていう感じ。
映画を見終えて、周囲の人に「どういうこと?教えてください」と言いたくなりました。

が、映画はものすごく面白かったです。
残酷なシーンももちろん満載。銃じゃなくて斧振り回したり・・(アジョシでもそうだったけど、拳銃よりも斧のほうが韓国ではブームなのか?確かにビジュアル的に、圧倒的に痛くて恐ろしい)。
カーチェイスなんかも、ハリウッド映画のそれを凌駕していると言えるんじゃないかと…。
すくなくとも負けてないです。
グナム、最初はマージャンに負けて女房に行方をくらませられて、ヤクザに付回されて殴られて・・・いいところなし。
それがだんだんとかっこよく見えてくるんですよ。
特にけんかが強いとか、男っぷりがあがっているとかは全然ないんです。
ただひたすら逃げているだけ。格闘シーンもあるけど強いから勝つというよりも、必死すぎて勝ってしまう感じ。
ヤクザや警察という、その道のプロから逃げる逃げる逃げ回る・・・その姿がなんだかかっこいいんですよ。
冒頭からは全然好感も持てなかったグナムを、もう真剣に応援していました。
そしてミョンの圧倒的な存在感。強さ!不死身っぷり!コメディかと思うぐらいです。
容赦ない殺人っぷり。そしてみんなで食べてたのは何?大きな骨。あれは犬?それとも・・・?

冒頭に書いた中国延辺朝鮮族自治州の人たちは、韓国では「朝鮮族」と呼ばれ、あきらかに差別されたり、ハングルも読めないみたい。同じ朝鮮民族で、ただでさえ南北に分かれてしまっているのにまだ中国にも分かれていたとは。
グナムもハングルが読めず苦労するんだけど、漢字は読める。
それで命が助かるシーンがあったり、そういう部分も面白かったです。

ラストはただひたすらむなしくて哀しいんですけど…。
「チェイサー」の監督なので、間違っても「心がほっこりするラスト」なんかは最初から期待していませんから。

2作品、心をわしづかみにされました。
次の作品もものすごく期待しています。
「チェイサー」も、もう一度見ようと思います。


B002FHSDY6チェイサー ディレクターズ・エディション【初回限定生産2枚組】 [DVD]
角川エンタテインメント 2009-10-02

by G-Tools


関係ないけど、ジャケット似てますね。

B005J3HZ7Yザ・ゲーム [DVD]
アメイジングD.C. 2011-12-02

by G-Tools


スポンサーサイト
13:45 : [映画タイトル]か行トラックバック(0)  コメント(0)

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL