【映】Good Luck 恋結びの里

グッドラック


地元に極めて近い場所が舞台でオールロケ敢行の映画として、こちらでも話題の作品です。
監督の瀬木直貴さんもこの地方一番の進学高校出身のジモピー(いまどき言わないですか)でらっしゃるそうです。
で、試写会のチケットを友達にもらったので、行ってきました。
会場は、開場とともに満員になってて(あわや座席がめっちゃ前方になるところでした!)
監督さんが舞台挨拶に登場されてたいへん盛り上がった試写会になりました。

舞台の菰野町・・・・極めて近いといっても、厳密には私の地元ではないし、なじみもないので・・
僧兵祭りという地元のお祭りがあるそうなのですが、そんなのも知らないし・・(^_^;)
町のみんなが僧兵の格好をして燃え上がるみこしを担ぐという結構な迫力ある祭り・・・。
有名なんだろうなぁ。知らなかったけど。こんな祭りです⇒菰野町HPより

映画は、初恋の悩みに苦しむ(?)小学校5年生の平野修くん。
家出同然に出て行った10歳年上の姉が、とつぜん2年ぶりに帰ってくる。
しかも、いきなり彼氏を連れてきて「結婚する」と言う。
それがなんと、自分の父親と同じ年齢の45歳。当然父親は大反対。
姉は彼氏に地元を案内しつつ、パワースポットの山岳寺や湯ノ山ロープーウェイに・・。
紅葉の美しい菰野の風景の中で、きっちり地元の言葉を使って繰り広げられる家族愛を描いた作品です。

主人公の修の片思いは、なんといってもまだまだ小学生の淡いもので、真剣味が感じられなかったんですけど(片思い相手の女の子とその彼氏がマセてるんじゃない?と思ったけど、いまどきの小学生って本当にマセてるんだってね・・)21歳の長女が45歳の彼氏を連れてきた日にゃ、そりゃ心穏やかじゃいられないお父さん。
それがすごくリアルに描かれてて、はたから見れば笑えてしまうんだけど、本人としては・・。
僧兵祭りのときに、「最後の対話」をするんだけど、このシーンがとてもよかったです。
言葉は少ないんだけど、気持ちが本当に伝わってきました。

ただ・・・・・
このお父さん(松永博史)浮気してたらしいのね。
それが唯一気に入らないです。
なんでそんな設定にしたのかなぁ。
お母さん(鈴木砂羽)が「浮気してたやろ。。。まあええわそんなこと」
と言うんだけど、
「まあええ」わけないでしょう!
「そんなこと」でもないでしょう!
奥さんの寛大さを示したかったのかなぁ・・・・。
絶対に必要な設定だとも思えなかったので、とても残念でした。




スポンサーサイト
12:01 : [映画タイトル]か行トラックバック(0)  コメント(2)
その映画自分も見ました。ストーリーはよかったけど、、少年たちの全裸が出てきたのはどうかと思った。。性器もモロ出てたような・・・
いいのかなと。

2013/11/16(土) 05:20:29 | fff │ URL | [編集]

fffさん、コメントありがとうございます。
そうでしたね。
そしてそのことが問題になってるんですね。
アクセス解析でわかりました。
出演した子どもたちが今どうしてるのか、心配になります。

2013/12/01(日) 19:23:53 | short │ URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL